20代後半、彼氏いない歴=年齢!「なんで私はモテないの?」

写真拡大

顔もカワイイし、スタイルもきれいだし、男性から告白もされているのに、まったく彼氏ができない女性がいます。

彼氏いない歴=年齢のまま、周囲の結婚ラッシュに焦りを感じつつも、「今更、彼氏ができたことないなんて言えない」「でも、どうしたら彼氏ができるのかわからない」と困惑している女性は、実は少なくありません。

今までちゃんと恋愛をしたことがないまま、20代後半になってしまった。

本人に問題はないのに、なぜこうなってしまったのでしょうか。

こんな女性に彼氏ができない理由とは、一体なんなのでしょうか。

こんな女性の恋愛心理をのぞいてみましょう。

■「傷つきたくない」と思っている女性はなかなか恋愛できない彼氏ができたことがない女性は、とにかく恋愛に苦手意識があり、恋に臆病だという特徴があります。

好きな人ができないわけではないでしょう。

むしろ、恋愛をしてみたい、彼に愛されたいという気持ちは人一倍強いことが多いようです。

しかし、こういう女性のなかには「フラれたらカッコ悪い」「傷つきたくないから、恋愛をするのに抵抗がある」と思ってしまうようです。

告白したいけれど、その勇気がない。

そのため、ひたすら待つだけの女性になってしまっているのでしょう。

こういう女性は、声をかけられる工夫をしないままひたすら待つ傾向にあります。

そして、声をかけられなかったら諦めて開き直り「恋愛なんてしなくたって、平気よ!」と言い出したり、「どうせ私なんて…」とイジイジする傾向にあるのです。

こういう女性は、まずは思いきって気になる人に告白してみるのが大切です。

「フラれたらショックだから嫌だ」と思うよりも、思いきって告白してスッキリしたほうがマシです。

「彼とどうにかして付き合えないかな」とウジウジしているよりも、「ダメなら次の男性を探そう」と思える方が、いくらか気持ちを楽に切り替えられることでしょう。

■「どうせ私なんて」と、自分の評価が異様に低いと恋愛しにくい彼氏ができない女性のなかには「どうせ私なんて」を口癖のように繰り返す人もいます。

こう言う人は、非常に扱いにくいと思われがちです。

心からホメていても「どうせ私なんてかわいくないし」「心のなかでは、私なんてダメだって思ってるくせに」とマイナス感情のオンパレード。

「自分なんてダメだ」「私なんてブスだし、デブだし、ダサいし」とウジウジしている女性よりも、いつもニコニコしていて、明るく「私ってこういうところがダメなんだけどね、アハハ」と自分の失敗や欠点を笑い飛ばせる女性の方が、男性に好かれるでしょう。

自分をさげすめる発言ばかりしている人は、魅力的には見えません。

男性だって、「自分のようなダメ女を相手にするなんて、あなたもダメね」と言われているような気持ちになるからでしょう。

「自分を本気で愛してくれる男なんて、この世に存在しない」なんて思わずに、自分の長所を見つめ直しましょう。