『もののけ姫』英劇団により舞台化、鈴木P「許諾とは相手を100%信頼すること」

写真拡大

1997年に公開され、193億円の興行収入を記録したスタジオジブリの代表作の一つ「もののけ姫」がイギリスの若手劇団「Whole Hog Theatre」(ホール・ホグ・シアター)により舞台化され、「Princess MONONOKE〜もののけ姫〜」と題して2013年4月29日〜5月6日にかけて来日公演が行われることが発表された。

宮崎駿監督が自らの作品の舞台化を許諾したのはこれが初めてのこととなる。

主催はPrincess MONONOKE実行委員会(ドワンゴ/日本テレビ放送網/ネルケプランニング/読売新聞/TOKYO FM/ローソン/イープラス/電通/アイア/BS日テレ)。

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンが協賛する。

3月5日には、六本木・ニコファーレで記者発表会が行われたので、その模様をお伝えしよう。

当日、会場に登壇したのは、舞台化を手がける「Whole Hog Theatre」の演出家・アレクサンドラ・ルター氏と、スタジオジブリプロデューサーの鈴木敏夫氏、ドワンゴ会長であり、スタジオジブリプロデューサー見習いでもある川上量生氏、日本テレビ放送網の映画事業部長であり『千と千尋の神隠し』に登場する千のお父さんのモデルにもなった奥田誠治氏の4名である。

まず「もののけ姫」舞台化のきっかけについて、ルター氏は「そのはかなさや疾走感、美しさに感銘を受け、大好きになりました。

二度目に見たとき、タタリ神になるシーンをパペットでやったら面白いのではというアイデアを思いつき舞台化に踏み切りました」と語った。

ルター氏が生まれ育ったのは、イギリス南部のドーセットという緑豊かな町である。

地元に帰るたびに地元の森が失われていく危機感や喪失感を強く感じているというルター氏は、『もののけ姫』の放つメッセージに共感したのだという。

そんなルター氏がアートディレクターを務める「Whole Hog Theatre」は、これまでにも数々の作品の舞台化を若手のアーティストを積極的に起用して行ってきた新進気鋭の若手劇団だ。

今回の舞台化は彼らがスタジオジブリにオファーをかけて実現したものだが、鈴木プロデューサーによると、これは非常に珍しいことなのだという。

というのも「ジブリの中でも宮崎作品はこれまでにいただいたハリウッドでの映画化や劇化の話をすべて断っていた」からである。

では、なぜ今回に限っては許諾に至ったのか。

その理由の一つは『ウォレスとグルミット』などの作品で知られる著名アニメーターで、鈴木プロデューサーや宮崎監督とも親しい間柄であるニック・パーク氏から寄せられた話だったことだ。

しかし、何よりも大きな理由となったのは、そのニック・パーク氏から送られてきた劇団「Whole Hog Theatre」のテスト映像を見た宮崎駿監督が、ものの3秒で「これなら舞台化してもいい」と言ったからであった。

ニック・パークからの紹介、そしてすばらしいクオリティのテスト映像。

その2つの要素が、今回の「もののけ姫」舞台化を実現に導いたのである。

さて、そうして舞台化が決まった「もののけ姫」だったが、それを日本に持ってきたらどうかと言い出したのはドワンゴの川上会長だった。

「最初は今年の4月に開催するニコニコ超会議2」の目玉の一つになればいいなと思って言ったんですが、見ているうちに、これはちゃんとやらないといけないんじゃないかと思って計画を変更しました。

niconicoで舞台を担当している片岡という者と一緒にイギリスに行って稽古を見たら、片岡が『これは非常にレベルが高い』というので、じゃあやっぱり日本に持ってこようと」現在は舞台化に向けてリハーサルや音楽製作、パペット製作を行なっているという「Princess MONONOKE〜もののけ姫〜」だが、果たして「もののけ姫」のあの世界観やストーリーを舞台でどう表現するのか。