東京都・銀座でデヴィッド・ボウイの世界に浸る「DAVID BOWIE CAFE」

写真拡大

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルとカーディナル、ソニー企業は、デヴィッド・ボウイ10年ぶりのニュー・アルバム発売を記念し、ソニービル(東京都銀座)において3月9日〜24日の間、「DAVID BOWIE CAFE」を期間限定でオープンする。

デヴィッド・ボウイは、ビートルズ、ストーンズ、クイーン等と並んで、英国を代表するアーティストのひとり。

数々の曲で全英チャート1位を獲得し、全世界トータル・アルバム売り上げは1億3000万枚を誇る。

その後、創作活動を停止し、長い間沈黙を守ってきたが、2013年に新曲「Where Are We Now?」をリリース。

3月13日には、10年ぶりの新アルバム「THE NEXT DAY」を発売する。

新作の発売を記念し、ソニービル1Fのブリティッシュパブ 「パブ・カーディナル」では、デヴィッド・ボウイの世界観を堪能(たんのう)できるコラボカフェを期間限定でオープン。

ニュー・アルバムの収録曲をはじめ、これまでの楽曲をBGMとして流すほか、今回発売するCDジャケット写真やポートレート、関連書籍なども展示する。

期間中はデヴィッド・ボウイの故郷、ロンドンの味を再現した限定メニューを提供。

デヴィッド・ボウイの好物というシェパーズパイとギネスのセットは1,100円。

その他、「チャイナガール」、「フェル ツー アース」、「キャットピープル」といったデヴィッド・ボウイの名曲や出演映画にちなんだカクテルも用意する。

また、ニュー・アルバム「THE NEXT DAY」は、2F(2BCフロア)ソニーショールームの“ウォークマン” で試聴できる(11時〜19時)。

「THE NEXT DAY」発売記念「DAVID BOWIE CAFE」は、ソニービル1Fの「パブ・カーディナル」で、3月9日〜24日までオープン。

営業時間は11時〜翌4時(月〜土)、11時〜23時(日・祝)。

※「シェパーズパイ&ギネス」の提供はランチタイム(11時30分〜14時30分)と深夜タイム(22時〜翌4時)を除く