アディダスの求人サイトでは子ども連れで楽しめるドイツ国内のエンタメ施設を紹介している

写真拡大

グローバル展開を推し進める企業は、国籍を問わずに優秀な人材を集めようと腐心している。文化や顧客ニーズの違いを踏まえながら、世界中の市場に攻勢をかけ、競争に打ち勝とうとしているからだ。

スポーツブランドの「アディダス」も、そんな企業のひとつ。先日、ドイツのバイエルン州ヘルツォーゲンアウラハにあるグローバル本社での採用募集を目的として、特設サイト「MAKE YOUR MOVE(行動を起こそう!)」を開設した。

社員向けイベントにメッシやベッカムが登場

サイトによると、「WORLD of Sports」と呼ばれる本社では、休憩時間や終業後に社員が敷地内でスポーツを楽しむことができるという。

バスケットやテニスから、ビーチバレーまで。空き時間にスーツからユニフォームに着替え好きなスポーツをすることで、気分をリフレッシュできるし、社員同士で親睦を深めることもできそうだ。

アディダスがスポンサードするアスリートたちと対面できる、社員向けのプレミアムイベントも開催されるという。サッカーのメッシやベッカム、オールブラックスの愛称で知られるラグビー・ニュージーランド代表など。スポーツ好きのビジネスマンなら誰しも憧れる職場環境だ。

ただし、ドイツで働くということは、ほとんどの外国人にとって移住を伴うことになる。結婚して子どもがいながらにして、海外転職に挑戦するビジネスパーソンもいるだろう。住む国を変えるとなると、職場だけでなく現地の風土や制度、インフラについても熟知し適応しなければならない。

アディダスの採用特設サイトがユニークなのは、そんな海外からの転職希望者に対して、社員が暮らすことになる住環境の紹介に力を入れていることだ。

「GERMANY(ドイツ)」というコーナーでは、ソーセージや地ビールなどの地元料理、親切でコミュニティーを大切にする人柄、豊かな自然、英語にも精通するドイツ人の語彙力を伝えている。紹介文では「皆さんご存知の通り、ドイツは訪れるのにとても素晴らしい場所。でも、住む場所としてはもっと素晴らしい」と語っている。

学校や医療・保険制度の紹介で安心感

「LIVING(暮らし)」というコーナーは、週末に訪れたいスポットや音楽フェスなどのイベント、外国人居住者に人気のエリアがあるといった住宅事情、主要都市の交通インフラなど、生活には欠かせない情報の手引きになっている。

「FAMILY(家族)」というコーナーでは、水泳プールやテーマパーク、アウトドアレジャー施設やサマーキャンプなど、子ども連れで楽しめるエンタメ施設や、子どもが通うインターナショナルスクール、また簡単にではあるが、医療や保険制度の充実ぶりが紹介されている。

現在サイトでは、100を超える職種の採用募集が行われている。インターンシップからデザイナー、製品マネジャー、フランチャイズ店舗のエリアマネジャーまで、仕事の内容は様々だ。

一般的に内向き志向と揶揄される日本人だが、筆者のまわりでは海外就職・転職を考えている人がにわかに増えている印象がある。言葉の壁さえクリアできれば、インターネットを利用して有用な情報が格段に手に入れやすくなっていることも大きい。

もちろんこのサイトに書かれている情報だけでは、海外赴任や家族を連れての移住を決断することはできないだろう。しかし、海外で活躍したいと考える優秀な人材を、国境を越えて採用したい企業の意思と姿勢は十分に伝わるのではないか。(岡 徳之)