利用額に応じてキャッシュバックが年2回、あおぞら銀行新キャッシュカード

写真拡大

あおぞら銀行は4日、利用額に応じたキャッシュバックが年2回受けられる「あおぞらキャッシュカード・プラス」の取扱いを開始した。

同商品は、あおぞら銀行が発行するキャッシュカードに、ビザ・ワールドワイド・ジャパン(以下Visa)が提供する「Visaデビットカード」の機能を付加した新しいキャッシュカード。

特典は、Visa加盟店でのショッピング(国内、海外)で利用すると、年に2回、利用額に応じたキャッシュバックがあること。

Visa加盟店でのショッピングに利用すると利用金額の0.25%がキャッシュバックされる「あおぞらキャッシュカード・プラス」でのショッピング利用額に応じ、年に2回(2月と8月)、キャッシュバック額を普通預金口座へ入金する海外旅行でも利用できる世界200カ国以上の国と地域にあるVisa加盟店でのショッピングに利用できる(一部利用できない店舗あり)世界に180万台以上ある「Visa」あるいは「PLUS」マークのついたATMで、普通預金口座から現地通貨での引き出しができるので、外貨両替をする必要がない簡単で安心して使える決済サービスショッピングと同時に普通預金口座から即時に引落し(一部の加盟店では即時引き落しにならない場合がある)になるため、キャッシュレスで買い物ができる利用可能額は普通預金残高の範囲内のため、使いすぎる心配がない。

またATMを探す必要もなく、現金感覚で使うことができる専用WEBに登録すると、利用明細がWEB上で確認できるあおぞら銀行は、同商品によるスマートな決済サービスとキャッシュバックのメリットの提供を通じて、顧客の利便性の向上を目指していくとしている。