今月23日に公開となる『シュガー・ラッシュ』。
(C)2013 Disney. All Rights Reserved.

写真拡大

いつも公開される度に、今度はどんな物語なのだろうとワクワクさせてくれるディズニー映画、実はその歴史は長くなんと今年で112年目ってご存知でした?
『白雪姫』や『わんわん物語』といった初期のアニメーションから『メリー・ポピンズ』など実写化された映画、雰囲気はガラリと変わって『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、劇場用長編フルCGで登場したのは『トイ・ストーリー』。また、ディズニーアニメーション50作目、初めてのCGプリンセス『塔の上のラプンツェル』……と、時代と共に変わらない夢を与えながらも進化を続けるディズニー映画。

今回は数え切れないほどのヒット作を生み出してきたそんなディズニー映画の興行成績ランキングをご紹介しましょう。

ディズニー映画の興行成績ランキング


第5位:『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』(2006年)/100.2億円
第4位:『トイ・ストーリー3』(2010年)/108億円
第3位:『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(2007年)/109億円
第2位:『ファインディング・ニモ』(2003年)/110億円
第1位:『アリス・イン・ワンダーランド』(2010年)/118億円

『私、全部観てる!』なんて方も多いでしょうね。ちなみに、これは日本でのランキング。実は世界のランキングとなると、こんな違いが。

第5位:『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』
第4位:『アリス・イン・ワンダーランド』
第3位:『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』
第2位:『トイ・ストーリー3』
第1位:『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

というわけで、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズが圧倒的な人気。『ファインディング・ニモ』の影はどこにも見当たりませんでした。(ちなみに公開が10年前だったことに驚愕……つい最近だと思っていたのに)。

アメリカでは歴代記録を塗り替えた新作アニメが登場!


そして、これらの話題作がまだ記憶に新しい中、昨年の11月本国アメリカで公開され、ディズニー・アニメーション歴代オープニング成績の首位記録を塗り替えた映画が、今月23日(土)に公開となります。

そのタイトルは『シュガー・ラッシュ』。

本作は、人気ゲームの悪役でいることに疲れてしまったキャラクターが、お菓子の国を舞台にしたレース・ゲーム“シュガー・ラッシュ”の世界に入り込んでヒーローになろうとするアドベンチャーストーリー。まるで見ている側までゲームの世界に迷い込んだ気持ちになり、迫力とスピード感溢れるアトラクションに乗った気分まで味わうことができます。

しかも、日本でも(でこそ?)有名な「マリオ」シリーズのクッパ、「ストリートファイター」シリーズのザンギエフとベガなど、私達がよく知っている人気ゲームのキャラクターたちが次々と登場。日本でも大ヒットになりそうな予感‥…。

今週末8日からは『オズはじまりの戦い』も控えているディズニー映画、今後も心踊るストーリを私達に届けてくれそうです。
(mic)

■ 『シュガー・ラッシュ』公式サイト
■ 参考資料:オトナファミ 号外「シュガー・ラッシュ」特集号