500円で乗り放題! 愛知県名古屋の見所・食べ処を「メーグル」で巡る

写真拡大

東京にはツアー用の観光バス「はとバス」があるが、名古屋には予約なしで乗りたい時に乗れる観光ルートバス「メーグル」がある。

「はとバス」が鮮やかなイエローであるのに対して、名古屋の「メ―グル」はなんと金シャチばりのゴールド! とにかくインパクト満点の「メ―グル」の旅をご紹介しよう。

ルートは名古屋駅を始点に、ノリタケの森や名古屋城、徳川園、名古屋テレビ塔などの観光スポットを通り、ぐるっと名古屋駅に舞い戻るというもの。

フルで乗れば所要時間は1時間半ほどだ。

1乗車200円だが、1日乗り放題の1DAYチケット(500円)を買えば、何度でも途中下車しながら観光できる。

このエリアには、ものづくりの街・ナゴヤを象徴する「トヨタテクノミュージアム 産業技術記念館」や「ノリタケの森」がある。

“ものづくり愛知”の原点が見られる場所といっていいだろう。

「トヨタテクノミュージアム 産業技術記念館」では、自動車産業における技術の変遷などを分かりやすく学ぶことができる。

本物の機械を間近に見ながら、オペレーターの実演を楽しめるミュージアムだ。

陶磁器メーカー「ノリタケ」が運営する「ノリタケの森」は、公園やレストラン、ミュージアムなどを有した複合施設。

広大な敷地内で食事やショッピングをのんびりと楽しむことができる。

敷地面積は4万5,000平方メートル。

入園無料なので、散歩などに利用する人も多い。

ここでオススメなのが、カフェルームの「スクエアカフェ」。

天気のいい日にはテラスでお茶ができ、眺めは最高だ。

また、このエリアには有名な「モーニング喫茶 リヨン」もある。

こちらは、名古屋名物「モーニングサービス」が一日中食べられる喫茶店だ。

「夕方に食べるなら、モーニングじゃないじゃんっ」というヤボなことは言いっこなし! オーナーの川合和行さんは、「同じ値段なのに、食べられる時間と食べられない時間があるのはおかしくないか?」という正論のもと、このコンセプトで営業しているという。

こちらのエリアは、ランドマークのテレビ塔をはじめ、デパートや路面店がひしめく名古屋の中心地。

松坂屋、三越、丸栄、パルコといった百貨店やファッションビルも林立している。

また、ひつまぶしにきしめん、みそカツ、あんかけパスタなど名古屋を代表する食の宝庫でもある。

ということで、こちらのエリアは食にフォーカスしてご紹介しよう。

まずは、「みそかつ 矢場とん 栄松坂屋店」。

みそカツの代名詞存在の「矢場とん」。

みそダレはサラサラでくどくなく最後までおいしく食べられる。

南九州産の豚肉は、適度な脂身でジューシー。

パン粉は細かめの生パン粉と乾燥パン粉のブレンドで、ラードを混ぜた植物性サラダ油でさっくりと揚げている。

手軽に食べたいなら「みそかつ丼」がオススメだ。

たっぷりのみそダレがかかったトンカツは、衣がしっとり。

テーブルにはゴマやからし、一味唐辛子などが置いてあり、「お好みで風味をきかせてください」とのこと。

まずはひと口プレーンな状態で。

う〜ん、みそダレの味わいがなんとも上品だ。

ご飯との相性もバッチリ。

しかし何口も食べていると、さすがに口が甘ったるくなってくる。

そこで登場するのが、先に挙げた薬味類だ。

ゴマをかけるとコクと風味が増し、適量の辛子をちょんと付ければ、甘さと辛さの極上なコラボレーションが誕生する。

ちなみに店内のイスは、シンボルキャラクターのブタ横綱の顔が繰り抜いてある。

芸が細かいのだ。

続けて、「いば昇」を紹介したい。

ひつまぶしを語る上で外せない、うなぎの名店がココ。

ひつまぶしは大正時代に名古屋で生まれたが、その発祥には諸説ある。