スマホの大切なデータを消してしまった…元通りになる?

写真拡大

操作を間違えて、ついうっかり保存する前にデータを消去してしまった…そんな時には、スマホのデータ復元方法もチェックしておきましょう。

ただしデータは完全には元通りに戻らないことがあり、戻っても一部壊れている場合もあるようです。

ダメ元の気持ちで試してみるのがよいでしょう。

今回は、Android端末のケースをご紹介します。

■データを消してしまったら、すぐに電源オフ!消してしまったデータの部分が空きとみなされてしまうと、ちがう情報データによって、その部分が上書き利用されてしまい、データ復旧できる可能性が少なくなってしまいます。

まずは電源を切って、現状維持を心がけてみてください。

■SDカードを取り出して、チェックしてみる本体からは見えないだけで、SDカードにはきちんと記録が残っている場合もあるようです。

データ保存後、アプリの動作不安定などで見られなくなっているような場合には、データが本体に残っていなくても、SDカードに保存されている可能性があるようです。

SDカードを取り出してみて、データが残っていないか確認してみましょう。

■復元ソフトを使ってみる削除したデータがSDカードに保存されていなかったら、PC用のソフトを使って復旧を試してみましょう。

復元ソフトRecuva(リカバ)を使ってみる場合、ソフトをダウンロードしたら、復元したいファイルの拡張子を選び、ファイルの格納場所を選んでスキャンします。

あとは復元したいファイルを選んで、復元ボタンを押すだけです(復元ソフトでも復元できない場合があります)。

■データ復旧業者にお願いするデータ復旧業者であれば、操作ミスで消えてしまった場合、また端末の故障や不具合によって消えてしまった場合や、初期化してしまった場合など、幅広い内容のものにも対応してもらえる場合があります。

まずは専門業者へ確認し、復旧を対応してもらえるものかどうか確認してみましょう。

料金は2万円から対応しているところが多いようですが、中にはもっと高い料金がかかるところもあるようなので、いろいろな会社で確認してみましょう。

■普段から、こまめにバックアップしておきたいAndroid端末内のデータを整理する意味でも、大事なデータは、普段からパソコンへバックアップをとっておくのがお勧めです。

また「JSバックアップ」のようなアプリを使えば、データのバックアップと同時に、何かあった時にデータを復旧できる機能を利用することもできます。

■携帯電話各社のバックアップサービスクラウドサービスや、PCからのEメール送受信、SDカードへの保存機能など、携帯電話やアプリごとに異なるバックアップ機能があります。

大事なデータを使う時には、2カ所への保存(本体とカード、カードとPCなど)を設定や操作で行っておくのが大事です。

また有料オプションで電話の紛失や故障、水没からデータを守るサービスなども検討してみるとよいかもしれません。