初めての東京観光にオススメな下町の名所

写真拡大

「下町」とは江戸時代に、町人が暮らしていた地域のこと。

一方で武家が住む地域を「山の手」といい、これらの言葉は今日でも頻繁に使われています。

特に東京の下町は数々の映画やテレビドラマ、漫画やアニメの題材にも登場する人気の場所でもあります。

そこで今回は初めての東京観光にもオススメな、下町の名所をいくつかご紹介します。

■見どころだらけの下町、行きたい場所はその人次第人気の浅草をはじめ、銀座や日本橋、月島、神田など、下町といっても範囲が広いため、上手に観光したいなら行きたい場所をあらかじめ決めて、そこを中心に周辺を散策するのがいいでしょう。

下町全体の雰囲気が魅力でもあるので、絶対に見ておかなければいけないといったような名所は意外に少ないもの。

自分がなんとなく知っているところなどを実際に行って楽しむのがオススメです。

徒歩はもちろん、自転車を借りたり、電車の一日乗車券を利用するのもいいでしょう。

下町観光向け専用の切符も用意されているため、行き場所に悩んだらモデルコースを参考に散策を。

観光路線バスなら、車窓からの景色も楽しめます。

・京成電鉄 下町日和きっぷ ・東京都交通局 観光路線バス■あの漫画の舞台でもある亀有を散策長年続く人気漫画といえば「こちら葛飾区亀有公園前派出所」。

アニメやドラマなどにもなり、作品中には亀有をはじめとした東京の下町が数多く描かれています。

亀有駅周辺にはたくさんのこち亀にちなんだ銅像があり、これらをめぐり歩いてみるのもいいでしょう。

複合商業施設のアリオ亀有には、こち亀のアミューズメントパークもあるので、原作好きならきっと楽しめるはず。

下町観光前にコミックスを読み直しておくと、さらに楽しめます。

・こち亀ゲームぱ〜く■相撲部屋が集中する両国周辺両国といえば両国国技館。

大相撲の興行に欠かせない施設でもあります。

国技館周辺を散策すれば、数々の相撲部屋をみつけることも可能。

時間帯によっては外を行きかうお相撲さんに出会えることも。

相撲好きにはたまらないエリアで、外国人の方にもオススメの場所といえます。

・財団法人日本相撲協会 国技館のご案内■巣鴨商店街でおみやげと食事をかもをモチーフにしたかわいらしいイメージキャラクターが人気の、巣鴨地蔵通り商店街。

さまざまなお店が立ち並び、思わず立ち寄ってしまいたくなるような雰囲気が印象的です。

軽食をしたり、おみやげを買ったりすることもでき、周辺には史跡も多いので、散策場所としても人気です。

・巣鴨地蔵通り商店街この他にも下町の名所はたくさんあり、その都度行く場所を変えれば新鮮な雰囲気が楽しめます。

東京へ足を運ぶ機会があれば、ぜひのんびりと下町を中心に巡る旅行プランを練ってみてください。