ここだけは妥協してはいけない住宅購入のポイント

写真拡大

住宅購入において、妥協してはいけないポイントは、一戸建てかマンションかによっても異なります。

今回は、住宅購入後にありがちなトラブルから、絶対に妥協してはいけないポイントをチェックしてみましょう。

■マンション不満率が高いのは、収納、騒音、周辺道路の安全性国土交通省の「平成20年住生活総合調査」によると、マンション保有者が持つ不満の内容で多いのは、住宅に対しては「収納の不便さ」と「高齢者への配慮」、住環境では「騒音」と「周辺道路の安全性」です。

マンションの周辺環境については、利便性の良いところでないと売却が困難になることから、駅に近い物件が人気になりやすい背景がありますが、利便性が高いということは道路交通の多さと裏表の関係にあるともいえます。

周辺道路が安全かどうか確認するためには、周囲に事故多発などの注意を促す看板がないことや、車道との間に一定のスペース、もしくは歩道が設けられていることなどを基準に選ぶのがよいでしょう。

実際、マンション自体に問題がなくても、周辺道路の危険性から購入を見送る方も多いようです。

また収納や騒音については、以前からマンションへの不満に多くあげられる内容のひとつです。

間口が狭く奥が深い収納、収納スペースが天井まであるのに、扉が背丈大しかないものは使い勝手が悪く不評なようです。

また内部の騒音については、二重床・二重天井、隣との間仕切りが鉄筋コンクリート壁であることが、マンション騒音対策の必要最低条件と言われています。

また共用スペースが近くにある部屋の場合、騒音が気になりやすくなります。

さらに、小はりが「スラブ厚20センチ以上、25〜30平方メートルに1本の割合」で入っているマンションが、遮音には理想的と言われています。

環境から来る騒音については、防音ガラスや二重サッシを採用しているところが、遮音性能が高いそうです。

これらの条件をクリアしていれば、最低限の不満は防ぐことができるでしょう。

■一戸建てでは住居や周辺環境のバリアフリー性、省エネ対策に不満が一戸建てではマンション居住者に比べ、老後の生活に必要なバリアフリー性が足りないところが、不満となりやすいようです。

また省エネ対策が不十分である、もしくはないということも不満要素として取り上げられています。

最近ではどちらの仕様も標準化されつつあります。

新築住宅を探す時に、それらに対応してあるものを選ぶと、長い目で見たときの最低限の不満は回避できるかもしれません。