世界第2位の規模を誇るフロアカバリングの国際見本市「ドモテックス・アジア/チャイナフロア2013」が、3月26日(火)〜28日(木)の3日間、中国・上海新国際見本市会場にて開催される。
同展は巨大な中国のフロアカバリング市場への窓口として、年々拡大して開催されており、今年も約13万平方メートルの会場に約1200社の企業が出展するなど大規模での開催となる。中国国外からの出展も多く、トルコ、パキスタン、ベルギー、オランダ、ドイツ、アメリカ、インド、イランの8カ国がナショナルパビリオンを形成、また日本からは昨年に引き続き住江織物(株)、東リ(株)が出展する他、アイオーシー(株)、(有)タフテック、(株)ヤスダコーポレーション、山口産業(株)なども出展する。
この他、特別イベントも多彩に行われ、同展の中心商材となる木質フロア関連では、300種類以上のイノベーションフロアを集めた「InnovAction」フローリングが初開催される。