アキバレッド和田の野望は”特撮界の水谷豊”『アキバレンジャー痛』発表会

写真拡大

2012年4月〜6月に放送された特撮TVドラマ『非公認戦隊アキバレンジャー』の続編となる『非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛』の制作発表会見が4日、東京・秋葉原にて行われ、和田正人、荻野可鈴、澤田汐音をはじめとした主要キャスト、田崎竜太監督が登壇した。

2012年4月〜6月に放送された『非公認戦隊アキバレンジャー』は、その名のとおりマニアの集う電脳とサブカルチャーの街・秋葉原が舞台に活躍する3人組のヒーローを描いた物語。

東映制作で「戦隊」の名を冠しているが、従来の「スーパー戦隊」シリーズからは”非公認”扱いとなるセルフパロディ作品となる。

”非公認”でありながらも随所に”公認”ネタが散りばめられ、子供向けヒーロー番組では、表現しにくいお色気要素やオタクネタなど大人向けの描写も多いこともあり、往年の「スーパー戦隊」ファンからも好意的に受け入られて人気を博している。

発表会のオープニングには、アキバレッド、アキバブルー、アキバイエローが駆けつけるとともに、『非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛』のオープニングテーマを担当する桃井はるこ feat.山形ユキオ あんど MoJoも登場。

番組タイトルと同名のオープニング曲が初お披露目され、詰めかけたファンを生ライブで盛り上げた。

続いて、東映の日笠淳プロデューサーが第2シーズンの概要を説明。

「第1シーズンをすべて踏まえていない第2シーズン」と表現した日笠プロデューサーによれば、第1シーズンの前半戦で妄想と現実のねじれを描いたが、第2シーズンは、そのねじれの始まる前に敵を倒してしまい、そこから9カ月後が舞台。

パラレルな過去を置いた現在が描かれるという。

また、新登場の超アキバレッドは数話進んだところで登場し、前作の「モエモエズキューーン」を上回るギミックが用意されているらしい。

(ヒントは超アキバレッドがもっている剣だという)また、現実と妄想の繋がりは、堀川りょうが演じるツー将軍をキーキャラクターに挙げ「第1シーズンにあった妄想の現実に攻め込んでくるという構図を一度リセットしつつも、別の形で妄想と現実の混同を描けないかというテーマで制作しています」と明かしている。

さらに今回は、第1シーズンよりもさらに過去のスーパー戦隊、いわゆる”公認”との共演も増えるようで、「アキバレンジャーの”公認”への愛が、第一シーズンからどこまでヒートアップしているか、ぜひ見ていただきたい」と自信を覗かせた。

そして、アキバレッド役の和田、アキバブルー役の澤田、アキバイエロー役の荻野、秋葉原にある戦隊カフェ「ひみつきち」の店長・葉加瀬博世役の内田真礼、「ひみつきち」のメイド・三田こずこず役の愛川こずえ、前作でアキバレンジャーを苦しめたセクシー女幹部・マルシーナ役の穂花ら主要キャストと田崎監督が登壇。

まず「シーズン1は32歳、シーズン痛(2)は33歳。

痛さがひとつ増しました! 赤木信夫役の和田正人です!」とあいさつした和田は 会場を見渡して「痛いのがいっぱい集まってますね! 信夫がいっぱいるなーおい!」と初っ端からハイテンションな煽り。

そして「僕らの最終目標は日曜の朝日を浴びること!」といずれ戦隊”公認”シリーズのテレビ朝日、朝8:00枠に食い込むこと、さらには「僕はシーズン11くらいまで考えてます。

特撮界の水谷豊になろうと思ってね」と野望を明かし、会場を沸かせていた。

続くアキバブルー役の澤田は、なんと中学2年生の若干14歳。

その若さにざわめく会場だったが、澤田は緊張した面持ちでありつつも「一期のアキバブルーの日南響子ちゃん、事務所の先輩でもあるんですけど、響子ちゃんからブルーの意思を受け継いでせいいっぱいがんばりたいと思います!」と、いたってフレッシュ。