駐車場トラブルに要注意! 巻き込まれないために知っておきたいこと

写真拡大

転勤などで新たに借りた住まいで、今まで思ってもみなかった駐車場トラブルに巻き込まれることがあるかもしれません。

快適な生活を送るためにも、事前にいろいろな事例を知っておき、トラブルをできるだけ避けられるよう気をつけたいものです。

今回は事例も交え、トラブルに巻き込まれたらどのように対処をすればよいかをご紹介したいと思います。

■この傷……犯人はお隣さん?自分では身に覚えのない傷がついている……。

しかも、お隣さんの車に昨日までなかった修理のあとが! 状況からいって、お隣さんに当てられたと疑わずにはいられません。

こういう場合は管理会社に連絡するのはもちろん、明らかな当て逃げの場合は警察にも連絡するとよいでしょう。

実際に警察に相談することでお隣さんから謝罪があったという事例もあります。

■え? ここ、私の駐車スペースなんですけど?「普段あまり停めていない駐車スペースに、ほかの住民や来客者などが当たり前のように停めていて困る」といった事例も多くあるようです。

使用料を払っている以上、自分の駐車スペースになるわけですが、中には開き直ってしまう非常識な人もいるようで、頭の痛い悩みとなってしまいます。

マンション駐車場は私有地になるため、このような事例では基本的に、警察は動いてくれません。

管理会社か大家に相談することになりますが、誠実な対応をしてくれるとは限らないようです。

ない場合もあるようで…。

「コーンや立て看板を置く」「貼り紙をする」「地面に駐車禁止の紙を貼る」などさまざまな対応があるものの、そこであきらめてくれる相手であればまだ常識が通じる人といえるでしょう。

中にはそれでもやめない人がいるのです。

その場合は、自分の車でブロックしたり、障害物を置いて相手の車が出られないようにした上で警察を呼んでレッカー移動、などの強硬手段に出る人もいるようです。

■お尻がはみ出てますよトラブルの原因の中には「隣の車が大きすぎる」というものもあるようです。

これは自分のほうが迷惑をかけている可能性もあるので、十分注意したいところ。

新しく入居した駐車場が、今までよりも狭いということはよくあることです。

たかが数センチで相手のドアが開かなかったり、切り返さないと出られなかったりします。

また、そういう駐車場の場合、ミラーをたたんでおくのが常識です。

車に関する規定のあるマンションもあるので、後々トラブルにならないよう、入居する際に十分確認しましょう。

■あなたの土地は私の土地!? 信じられない二重契約中には、不可抗力の信じられないトラブルもあります。

先に入居したAさん。

入居時の契約書には「車1台分契約」と書かれていました。

そして、大家さんからは口頭で「1番が空いているので使ってください」と言われました。

そして1年後、新たにBさんが入居します。

ある日、外が騒がしいと思っていたら、警察がきて大騒ぎ。

Aさんが外に出てみると「あなたが勝手にBさんのスペースに駐車している」と責められたそうです。

結局、1番が空いていると思い込んでいた大家さんの勘違い。

Bさんと二重に契約していたそうです。

このときBさんの契約書には「1番の駐車場で契約」と記載されていたため、残念ながら、口頭での説明しかなかったAさんよりも、Bさんの契約書のほうが効力が強いことになってしまったのです。

こうしたトラブルを避けるためにも、入居時には契約書をしっかりと確認することが大切です。

新たな土地や住居には、今までになかった常識やルールがあるかもしれません。

それらをきちんと守るとともに、事前に契約書をよく確認して、トラブルののない毎日を送りたいものですね。