もしも1,000万円を使い切らなければいけなかったら






「もし●●円あったらどうする?」という妄想質問。



100万円ではちょっと少ないし、1億円は大きすぎて……ということで、今回は「1,000万円を1カ月で使い切る」に設定してみました。「貯蓄以外」という条件の場合、マイナビニュース会員の皆さんが選ぶ使い道とは……?



調査期間:2013/2/8〜2013/2/11

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数:1,000件(ウェブログイン式)



■第1位:洋服、趣味のものなど欲しかったものを買う…484票



「値段気にせず買い物したり、『ここからここまで全部ください』って言ったりしてみたい」(25歳/女性/大阪府)



やはりというか、「いつもは我慢しているものを思いっきり買いたい!」という願望を抱えている人は多いもの。



ほか、登山用品など趣味のもの、高級家電、家具など、さまざまな物欲が全開のご回答が寄せられました。





■第2位:高級車やマイホームの購入資金にする…424票



続いて多かったのが、車や住宅など、大きな買い物に使うというもの。



「ローンが1,000万以上あるので、全部繰り上げに回します」(30歳/女性/東京都)



ローンは借金ですから、早く終わらせてしまいたいですよね。ほか、お風呂のリフォームや車の買い替えなどの意見も。





■第3位:友達におごる、親孝行など身近な人のために使う…350票



続いて多かったのは、「今まで心配をかけた両親に海外旅行をプレゼント」(25歳/女性/新潟県)など、身近な誰かのために使うというご意見。



「友達を集めて、高級料理店で奢る。30万円くらい?」(26歳/男性/兵庫県)と、全額ではないものの誰かのためにという方は多いようです。



「ほしいものを全部買ったら、あとは周りに使って借りを作っておく」(24歳/女性/東京都)



若干、その後が怖い方もいるようです(笑)





■第4位:仕事を無理やり休んで旅行に出かける…308票



「豪華な海外旅行をしたい。ゴージャスなホテルや食事を楽しみたい」(35歳/女性/東京都)



「300万円で彼女と旅に出かけ、残りの700万円で結婚式」(28歳/男性/埼玉県)



1,000万円あれば、航空券が安くなる時期なども考えず、パッと出かけることができそうですね。



今どき300万円の新婚旅行、700万円の結婚式というのも豪勢。新郎新婦だけでなく出席した人も一生の思い出になりそう。





■第5位:投資やギャンブルなどで増やすことを考える…250票



「全部ギャンブル!」(30歳/女性/千葉県)という思い切りのいい方がいる一方、「1,000万円分の金かプラチナを購入」(34歳/男性/滋賀県)という堅実な方も。



ほか、時計や貴金属を購入するという方の中にも、「自分がほしいだけでなく後々財産になる」という考えの方もいるようでした。





■第6位:寄付など、誰かのために使う…114票



ほかの選択肢と比べると票数は少ないですが、「降ってわいたお金なら、一部は社会のために」という気持ちも出てきますよね。母校への寄付、交通遺児への寄付などを挙げた方が多数いました。



中には、全部寄付という太っ腹な方も。



「銚子電鉄にどーーーんと寄付。でも1億くらいないといけないので、足りない」(27歳/男性/千葉県)



「大金は人をダメにするので、9割は寄付です。残りもほかの人のために使います」(29歳/男性/千葉県)



うーん、筆者はこんな思い切ったことできません。皆さん欲がないんですね。





そのほか、少数派としてこんなご意見が。



「海外から日本未入荷のブランドなどを仕入れる、バイヤー活動に使いたい」(29歳/女性/千葉県)



気持ち良く買い物した上に利益も生める、まさに一石二鳥!



「学校に入って勉強し直す」(35歳/男性/東京都)



一人暮らしで私立大学だと卒業までに約1,000万円と言われていますから、ぴったりの額です。



「人間ドックで精密検査、治したいところをすべて治す」(22歳/男性/埼玉県)



保険の使えない最新の治療も怖くありませんものね。でもこの方、まだ22歳なのに……。



「ネットゲームで、一度は課金プレイをしてみたい。普段は浪費を防ぐために、一切していないので」(27歳/女性/北海道)



つつましすぎます。この方なら、ある日本当に1,000万円、いや1億円手に入ってもダメになるようなことはないでしょう。





皆さんだったら、何に使いますか?





(文/島田彩子)