<FedexCupポイントランキング>
 先週の「ザ・ホンダクラシック」終了時点でのFedexCupポイントランキングが発表された。大きく順位を上げたのは、「ザ・ホンダクラシック」で初優勝を挙げたマイケル・トンプソン(米国)。前週の197位から11位へと一気にジャンプアップしている。
 「ザ・ホンダクラシック」でトンプソンと最後まで優勝争いを演じたジェフ・オギルビー(オーストラリア)も前週の144位から26位へと大きくランクを上げている。また同大会13位タイに入ったラッセル・ヘンリー(米国)が7位から3位へとランクを上げている。
 今週も予選落ちを喫した石川遼は188位にランクダウン。思うように結果を残せない苦しいゴルフが続いている。今週の「プエルトリコ・オープン」は昨年単独2位に入った相性の良い大会だけにここで結果を残し、今後の米ツアーでの戦いにつなげてほしい。

【FedexCupポイントランキング】
1位:ブラント・スネデカー(1,282pt)
2位:マット・クーチャー(811pt)
3位:ラッセル・ヘンリー(618pt)
4位:フィル・ミケルソン(604pt)
5位:ハンター・メイハン(600pt)
6位:ブライアン・ゲイ(599pt)
7位:チャールズ・ハウエルIII(592pt)
8位:ジョン・メリック(565pt)
9位:ダスティン・ジョンソン(562pt)
10位:タイガー・ウッズ(555pt)
26位:ジェフ・オギルビー(340pt)

188位:石川遼(7pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【コラム】地味で地道なゴルフは、強かった
苦しい戦いが続く石川遼が目指すゴルフとは
フェデックスランク197位から…M・トンプソンがツアー初優勝!
【関連リンク】
最新のギア情報と試打レポートはこちらから
噂の新企画「今日の美ゴ女」はこちらから