金魚が泳いでいるみたい

写真拡大

「ドレスも着物も着たい」――。そんな女性の思いに応え「MANAKA」がドレスと着物を融合させた「金魚ドレス」を発売している。

帯も付いている

MANAKAは和の要素と現代の感性を活かしたブランド。金魚ドレスは、ドレスではあるが着物のような見た目にこだわった。

歩いたときや風の流れで、モチーフにした「金魚」が泳いでいるようにみえるほか、多彩なシルエットを生み出す。

表とインナーに分かれており、表はリボンとボタンどめで羽織る形になっている。インナードレスには、オーガンジー部分の透け感が見えやすくなるよう工夫されている。ワンショルダーで、ファスナーで着脱しやすい。

また、ボタンとフックで簡単に装着できる帯もついている。

2013年2月から発売しており、価格は15万7500円。