ミスターミニット、ブーツをメンテナンスして秋まで保管するサービス開始

写真拡大

「ミスターミニット」を運営するミニット・アジア・パシフィックは1日より靴とバッグの洗浄・カラーリングサービス「リ・ボーテ」の価格を改訂し、「ブーツ(靴)お預かりサービス」を開始した。

「リ・ボーテ」は、同社のクリーニング技術を進化させたメンテナンスサービス。

革を洗浄しトリートメント剤でコンディションを整える「トリートメントコース」、洗浄しカラーリングする「カラーリングコース」、洗浄しつま先部分を染色する「つま先コース」がある。

このほど価格を改定したのは「トリートメントコース」。

婦人靴スムースレザーは旧価格3,150円が1,980円に、紳士靴スムースレザーは旧価格3,675円が2,580円に、スムースレザーのブーツは旧価格4,200円が3,980円にそれぞれ値下げとなる。

あわせて、3,000足限定の「ブーツ(靴)お預かりサービス」を実施。

同サービスは、靴やブーツを空調・温度管理された保管庫で、秋まで最大9カ月間預かるもの。

「リ・ボーテ」のいずれかのサービスと併せて申し込む必要があり、保管期間は11月30日まで。

受付期間は6月30日までとなり、限定数に達し次第締め切られる。

保管料は1,050円。

全国56の取扱店舗リストなど詳細は同社のWEBサイトで確認することができる。