スマホでレシートを撮影するだけでOK! 家計簿アプリ「ReceReco」が好調

写真拡大

ブレインパッドはこのほど、家計簿アプリ「ReceReco(レシレコ)」がリリース後27日間で15万ダウンロードを達成したと発表した。

同アプリは、レシートをスマートフォンのカメラで撮影すると、内容(購入日時、店舗情報、品目、価格)をその場で自動データ化、自由に分析、記録、共有ができる無料のアプリ。

1月31日のApp Storeでの配信直後より、従来の家計簿ノートや無料家計簿アプリにはなかった「レシートを撮影すれば、あっという間に家計簿ができる」という利便性と、スマホでの利用を中心に据えたユーザインタフェース設計がソーシャルメディアやアプリレビューサイトでも反響を呼んだという。

家計簿アプリとしては異例の、27日間で15万ダウンロードを達成したとのこと。

また、その間の18日間(14日連続含む)で、無料ファイナンスカテゴリ1位を獲得。

現在もダウンロード数は伸び続けているとのこと。

同社では、同アプリの特徴である「面倒じゃない支出管理」「ライフログとしての楽しさ」「便利な連携機能」を生かし、今後は従来の家計簿の延長線上にとどまらず、「家計簿をリデザインする」というコンセプトのもとに「モバイルネイティブの汎用型ライフハックツール」となることを目指す、としている。

また、年内の目標ダウンロード数を50万件に設定。

AppStoreでの配信を皮切りに、CSV出力機能の拡充、アカウントアグリゲーションサービスをはじめとする各種外部サービスとの連携、Androidアプリのリリースなどを積極的に行っていくという。