今週末は花粉に要注意! 日本気象協会が飛散量が増えると予想

写真拡大

日本気象協会は、同社が運営するユーザー参加型の天気総合ポータルサイト「tenki.jp」にて、3月4日からの天気と花粉予想を発表。

関東や東海から九州にかけて、花粉が「多く」または「非常に多く」飛び、水曜日ごろから気温があがることで、飛散量がさらに増えると予想している。

また、気温は、東京が木曜日から日曜日まで20度以上、福岡が、水曜日以降20度前後で経過。

札幌は、朝晩は氷点下の冷え込みになるが、日中はプラスの気温が続いており、マークも雪ではなくて雨マークの方が増えている。

今年は平年より積雪が多くなっているため、雪解けによる川の増水や、屋根からの落雪に注意が必要とのこと。

3月4日は寒気を伴った気圧の谷が本州付近を通過する見込みで、北海道の日本海側は雪のところがある。

関東以西も晴れ間が出るが、夕方から大気の状態が不安定になり、雨や雪で雷を伴うこともある見込みとなっているという。

詳細は、同ホームページを参照のこと。