●秘立蛇女子学園

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
© MarvelousAQL /『閃乱カグラ』パートナーズ

TVアニメ「閃乱カグラ」がAT-Xその他から放送されています。

<キャスト>
飛鳥:原田ひとみ
斑鳩:今井麻美
葛城:小林ゆう
柳生:水橋かおり
雲雀:井口裕香
焰:喜多村英梨
詠:茅野愛衣
日影:白石涼子
未来:後藤沙緒里
春花:豊口めぐみ
霧夜:藤原啓治
半蔵:山本兼平
凛、鈴音:三森すずこ
大道寺:浅川悠

●ストーリー
忍―。それは遥か昔、戦国の世にあった影(かげ)の存在。人の中に隠れ、探り、煽り、騙し、壊し、そして殺す―。あらゆる闇の仕事を引き受けていた陰(かげ)の存在。いつしか人々の心から消え去り、おとぎ話のように語られるだけになってしまった翳(かげ)の存在。しかし、彼らが人々の心から消え去ろうとも、人々の業が変わることはない。いまだ闇の世界に生きるものは必要とされ続けている。忍は今も存在しているのだ。
現代の忍の雇い主は、政治家や大企業の幹部たち。強大な権力を持った彼らの中には、忍を己の欲を満たすための道具と考えているものもいる。そんな闇に動かされた“悪忍”たちに対抗するために、政府はあるプロジェクトを立ち上げた。“善忍”―そう呼ばれる国家所属の忍を育成する機密プロジェクトである。そして“善忍”を育成するために作られた機関が「内閣特務諜報部諜報―課付特殊機密諜報員養成所」―通称、忍学科。学生数1000人を抱える名門マンモス進学校「国立半蔵学院」の知られざる裏の姿。
この物語は悪と戦う“善忍”となることに青春を捧げた、
国立半蔵学院忍学科に籍を置く5人の少女たちの愛と勇気の軌跡である。
●傀儡・雲雀
蛇女子学園の春花により傀儡と化した雲雀、彼女は春花の指示によって半蔵学院にある超秘伝忍法書を持ち出す指示を受け、確認にやって来た霧夜を痺れ玉によって動きを封じ任務を成功させます。

しかし、雲雀にはその一連の行為をした記憶が無い状態。但し、柳生は何となく雲雀の動きがおかしいと言う事を気付いていたようですが…。

翌日、霧夜から自室待機の指示を受ける5人。もちろん雲雀も自室待機をするのですが…。机の中に見慣れない巻物が!

それは超秘伝忍法書。そして、雲雀の部屋に潜んでいた春花がその超秘伝忍法書を奪い取ります。

春花「これで貴方は半蔵学院、いえ善忍全員の裏切り者。良いじゃない、どうせ落ちこぼれ扱いされてるんだし。」

春花は雲雀の心の傷を深め、彼女を半蔵学院から出ていくよう仕向けます。
●雲雀の失踪
雲雀は蛇女子学園の春花に操られたとはいえ、超秘伝忍法書を盗み出したのは事実。その責任を取るために単身、蛇女子学園まで向かう事を決意します。

飛鳥達がそれに気付いたのは、既に雲雀が半蔵学院を出ていった後。それに激情した柳生はすぐさま雲雀を追いかけていきます。

もちろん蛇女子学園の正確な場所も分からず、しかも柳生単身では生きて帰ってくる事も困難な状態。そこで飛鳥が柳生を止めに入ります。

柳生「後ろを取られた!」

本気で攻撃してきた柳生の背後を取る飛鳥。これにより柳生は落ち着きを取り戻しますが…。
●雲雀、蛇女子学園に入学する!
柳生「俺の責任だ。俺は雲雀が夜、部屋に居なかった事を知っていた…。」

柳生は自分のせいで雲雀が居なくなったと自責の念にかられるも、飛鳥・斑鳩・葛城は柳生を責める事はしません。

斑鳩「責任があるとすれば、私達全員に責任があります。私達は仲間なんですよ。」

一方、雲雀は単身蛇女子学園へ乗り込みます。もちろん、見張りにあっさり捕まりますが…。

春花「連れてきて頂戴!」

捕縛された雲雀に対して優しく接する春花。それは春花が雲雀を自分のお人形にしたいから。そして、雲雀も半蔵学院に居場所が無くなったから。そのため雲雀は蛇女子学園に入学する事になります。
●ようこそ蛇女子学園へ!
今まで善忍であった雲雀をあっさり受け入れる蛇女子学園に対して、今までの認識を改める雲雀。特に、

詠「貴方、もやしは好き?」

詠とは話が合いそうな印象を持つようになります。

ちなみに蛇女子学園は人数が多いのですが、それは入学時のハードルが低いから。特に半蔵学院は犯罪歴が無い事が必須条件、焰は善忍の家系でありながら半蔵学院には入学出来ないのは彼女に犯罪歴があるから。詠、未来、日影、春花もそれぞれに傷を持つ身なのです。

そして雲雀も、半蔵学院の秘伝書を盗み出した罪から…。

※鈴音先生も元々半蔵学院出身の善忍。という事は彼女の正体は…。
●鈴音、霧夜と戦う!
一方、蛇女子学園の場所すら特定出来ない半蔵学院の面々。特に柳生は何も出来ない自分に苛立ちすら感じます。

その夜、見廻りに出ていた霧夜の元に鈴音が現れます。そして彼女が一太刀浴びせると、

霧夜「お前、凛か!」
鈴音「流石ね。一太刀浴びせただけで見抜くなんて。」


そして鈴音は蛇女子学園の地図を渡して去ります。

その意図は、半蔵学院をわざと誘き寄せて迎え撃つため。

「閃乱カグラ」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「閃乱カグラ」第8話「回想」(ネタばれ注意)
【アニメ】「閃乱カグラ」第7話「這緊虞(はいきんぐ)」(ネタばれ注意)
【アニメ】「閃乱カグラ」第6話「結界破り」(ネタばれ注意)
【アニメ】「閃乱カグラ」第5話「蛇女子学園からの総攻撃!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「閃乱カグラ」第4話「臨海修行はBiKiNi!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「閃乱カグラ」TVアニメ公式Webサイト
「閃乱カグラ」AT-X公式Webサイト