20代は70%、40代は82.4%がネットで購入したものとは?

写真拡大

三井ダイレクト損害保険は1月18日〜21日にかけて、通信端末を所有する20歳〜59歳の男女を対象に「インターネットでのお買いもの」についてインターネットリサーチを実施した。

有効回答数は300名。

まず、所有する通信端末で、どのようなことを行うか尋ねたところ、パソコンの1位は「メール(94.7%)」、2位「ニュースを見る(79.6%)」、3位「ネットショッピング(77.5%)」となった。

スマートフォンは1位「メール(98.0%)」、2位「電話(90.8%)」、3位「ニュースを見る(55.1%)」。

20代・40代それぞれ年代別に見ても、通信端末でネットショッピングをする割合は7割を超える。

インターネットで購入・申し込みをしたことのあるものを年代別に聞いたところ、20代の1位は「本・CD・DVD(70.0%)」、2位「洋服(60.0%)」、3位「食品(50.0%)」。

40代では「本・CD・DVD(82.4%)」、2位「食品(63.9%)」、3位「ネットバンキング(60.2%)」となった。

各カテゴリ別に、インターネットで購入・申し込みをすることに抵抗があるか聞いたところ、「本・CD・DVD」の購入に抵抗はないと回答した割合は20代・40代ともにトップ。

「自動車保険」は40代では「抵抗がない」と答えた方が最も多く、「自動車保険」が身近であることが伺える。

「自動車保険」をインターネットで申し込むことに「抵抗がない」と答えた人にその理由を聞いたところ、20代は「お店に行く手間が省けるから」が70.0%で1位。

40代の1位は「安そうだから(64.2%)」だった。