思い出の卒業ソングランキング、2位はレミオロメン「3月9日」、1位は?

写真拡大

レコチョクは3月1日に、ユーザー投票による“思い出の卒業ソングランキング”を発表した。

最も票を集めた楽曲はEXILEの「道」という結果になった。

同ランキングは卒業シーズンに合わせ、iPhoneやAndroidなどのスマートフォン向け「レコチョク」や「レコチョク 音楽情報」サイトで、2月6日〜22日まで投票を受け付けたもの。

1位は2007年発売のEXILEの「道」で、3年連続で1位となった。

「中学の卒業式で歌った。

この曲を聴くと卒業式のことを思い出す」「過去に卒業生に贈った歌」などの声が寄せられている。

2位は2004年発売のレミオロメン「3月9日」。

「何年も歌い継がれていくすてきな名曲」「送る人も、送られる人にも素晴らしい曲」などというコメントがあった。

3位は2006年発売のいきものがかりの「YELL」が、昨年の4位からランクアップ。

4位は2012年発売のAKB48の「GIVE ME FIVE!」でランキング初登場。

5位は2011年発売の川嶋あい「旅立ちの日に…」となっている。

同ランキング10位までは、「レコチョク 音楽情報」で公開している。