ズボンの上にプニッと乗ったおなかをへこます - 1日1分からの筋トレ

写真拡大

整体師の大山奏です。

ウエスト周りはベルトやパンツ・スカートの関係から、脂肪がついたことに気づきやすい場所です。

毎日少しずつの筋トレで、ベルトの穴の位置を維持、または縮ませてみませんか? 今回はおなか周りに効くストレッチを紹介します。

Step1:片手に500mlのペットボトルを持ちますStep2:ペットボトルを持っていない方の腕は頭に添えますStep3:ペットボトルを下に下げるように身体を横に倒しますStep4:ゆっくりと下げ終わったら、反対側に身体を倒しますStep5:左右それぞれ行います身体はなるべくゆっくり動かした方が筋肉に効きます。

左右それぞれ10回ずつを目安に始めるといいでしょう。

ペットボトルを下げる時には、重さに身体を預けるようにして自然に真っすぐ倒します。

この時、前後に身体が倒れないよう注意してください。

普段あまり身体を動かしていないと、慣れるまでには少し汗をかくかもしれません。

お風呂に入る前に行い、汗をスッキリ流すといいでしょう。

また、おなかに効いている場合は、湯船に入って疲労感を緩和させる効果も狙えます。

重さが物足りない場合は1Lのペットボトルや、重たいものを入れた買い物袋などで代用できます。

ただ、フォームを崩してはせっかくの効果が半減してしまいます。

きちんとしたフォームで、ゆっくり筋肉に負荷をかけられているかを確認しながら、自分に最適な重さを考えてみてください。

ズボンやスカートの上にプニっと肉がのっていると、思わずため息をつきたくなります。

だからといってやたらと筋トレすればよいというわけではないので、毎日の習慣に取り入れやすい方法を、自分でも工夫してみてください。