ガチでフロンティア・マーケットへ投資する方法

写真拡大

【今回のまとめ】
1.ジム・ロジャーズばりのフロンティア市場への投資が可能なETFがある
2.「MSCIフロンティア・マーケット100ETF」は産油国の組み入れが多い
3.歴史の浅いETFなので時価総額が小さく、流動性に注意が必要

フロンティアとは?

 フロンティア(Frontier)とは「辺境」を意味します。株式投資でフロンティア・マーケットと言った場合、エマージング・マーケット(新興国)よりさらに小さくて、株式市場が未成熟な国々を指します。

 皆さんの中には若い金髪のガールフレンドを従えて、バイクで世界の辺境の地を走破し、その実体験から辺境の国々に転がっている投資機会に関し独自の洞察を得たジム・ロジャーズという著名な投資家が書いた『冒険投資家ジム・ロジャーズ世界バイク紀行』という本を読んだ方もいらっしゃるかと思います。

 ロジャーズが世界を放浪した1980年代には、それらの辺境の国に投資するのは極めて困難でした。

 しかし、最近はETF(上場投資投信)という極めて便利な商品が登場したおかげで、そのような敷居の高い投資対象にも手軽に投資できるようになっています。

普通では買えないマーケットに投資できるETF

 そこで今回は、ガチでフロンティア・マーケットに投資する、ユニークなETFを紹介したいと思います。それは2012年の9月にNYSEアーカ取引所(電子取引所)にデビューした「アイシェアーズMSCIフロンティア・マーケット100ETF(ティッカー:FM)」です。

 このETFは、普通では投資しにくい国の株式ばかりが組み込まれています。内訳は、下の組み入れ上位国のグラフからもわかる通り、産油国が多くなっています。

 まず、このETFの組み入れ上位国の経済状況を見ていきます。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)