JINS、パート・アルバイト含む従業員の年収を6%増--安倍政権の要請に賛同

写真拡大

眼鏡店「JINS(ジンズ)」を展開するジェイアイエヌはこのほど、パート・アルバイトを含むアイウエア事業部全従業員(役員と役員待遇を除く)の年収を、2013年度より約6%アップさせると発表した。

今回の決定は、安倍政権が提唱する経済再生策の一つである賃金アップ要請に賛同したもの。

同社は2月28日、通常の年2回の業績賞与(4月、10月)とは別スケジュールとして、全従業員に賞与を追加支給。

支給内容は、正社員の平均年収の約6%を基準としたという。

同社は、20代〜40代の若手・中堅社員の収入を増加させることで、「回復の兆しを見せつつある日本経済の消費活性化を後押し、持続的な経済成長に向けた健全な消費サイクル創出の一助に繋げたい」とし、今後も事業拡大による雇用創出と、社員をはじめとする利害関係者への適正な利益還元に努めていくとしている。