大阪府・阪急うめだで「くまのがっこう絵本原画展」。名場面のジオラマも

写真拡大

バンダイの子会社であるキャラ研は、阪急うめだ本店(大阪市北区)で「くまのがっこう絵本原画展」を3月13日〜25日まで開催する。

「くまのがっこう」は2002年8月に第1作を発売して以来、累計200万部を突破している人気絵本シリーズ。

同展は、「くまのがっこう」の10周年を記念して開催する。

会場では、第1作目の『くまのがっこう』の絵本原画を中心に、最新刊『ジャッキーのクリスマス』を含めた17作品から原画、複製画を紹介する。

今回、世界初公開となる「ジャッキーアース」は、直径約120cmの球体にくまのこたちの登校シーンやジャッキーとデイビッドのデートシーンなど、「くまのがっこう」名場面を集結。

それらのシーンを再現したジオラマとなっている。

原画展開催に伴い、「あいはらひろゆき氏とあだちなみ氏による作家サイン会」を3月16日(11時〜、14時〜)に開催。

当日、会場にて対象書籍購入者に各回先着100名に参加券を配布する。

「ジャッキーと撮影会」は3月16日、17日、23日、24日(11時〜、13時〜、15時〜)に開催。

当日10時より受付開始し、各回先着30名に整理券を配布する。

原画展会場前のアートステージには、定番商品から最新作や先行販売商品を販売する「くまのがっこう」ショップをオープン。

「くまのがっこう」9作目『ジャッキーのいもうと』からスピンオフし、NHK−Eテレにてアニメ放送中の「がんばれ!ルルロロ」公式グッズも販売する。

同展は3月13日〜25日まで、阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリーで開催。

開催時間は日〜木曜日は10時〜20時、金・土曜日は10時〜21時(最終日午後6時閉場)まで。

入場料は一般800円、大学・高校生は600円、中学生以下は無料。