東京都・渋谷にシンガポールのファストファッション「チャールズ&キース」初上陸

写真拡大

チャールズ&キースジャパンは、シンガポール発の雑貨ファストファッションブランド「CHARLES&KEITH(チャールズ&キース)」の日本展開を開始。

4月6日に「チャールズ&キース原宿本店」をオープンする。

同ブランドはチャールズ・ウォン、キース・ウォン両氏により、1996年にシンガポールで誕生したファストファッションブランド。

アジア、欧州、中東、アフリカを中心に約30カ国、300店舗以上展開し、シューズ、バッグ、アクセサリーをリーズナブルな価格で提供している。

2012年12月、オンワードホールディングスとチャールズ&キースグループ PTE. LTD.の共同出資により、「チャールズ&キースジャパン」が設立。

2013年3月から、日本市場での「チャールズ&キース」の展開を開始する。

本格参入するための拠点として、4月6日にフラッグシップショップ「チャールズ&キース原宿本店」をオープンする。

チャールズ&キース原宿本店は、東京・原宿の明治通り沿いに路面店としてオープン。

日本初上陸を記念し、オープン初日の4月6日には同店舗限定バッグの販売のほか、購入者先着500名にバッグハンガーのプレゼントも予定している。

営業時間は月〜木・日曜日は10時〜21時、金・土曜日は10時〜22時。

同社は原宿本店を皮切りに、2013年度は4店舗の出店を計画しており、3年後には約40店舗の出店を目指すという。