NHKの朝ドラにも負けない! 東北ご当地アイドルたちの感動物語

写真拡大

4月にスタートする次のNHK朝ドラは、宮藤官九郎脚本の「あまちゃん」。

岩手県の北三陸を舞台に、海女を目指す少女がご当地アイドルとなるといったストーリーだが、東北地方には朝ドラに負けないような、感動の物語を紡いでいるご当地アイドルたちがいる。

「りんご娘」に「NYTS」、彼女たちのドラマを紹介しよう。

いまや日本全国で雨後の竹の子のように誕生、乱立しているご当地アイドル。

その先駆けとなったのが、青森県弘前市の「りんご娘」である。

ベタなユニット名だが、押しも押されもせぬ地方発信型アイドルのトップランナーである。

誕生は今から12年前の平成12年(2000年)にさかのぼる。

「当時はまだ、ご当地アイドルやローカルアイドルといった言葉も概念もなかった時代でしたからねぇ」と、結成時の苦労を語ってくれたのは、「りんご娘」の運営を行うリンゴミュージックの樋川由佳子さんである。

「仕掛人は私の主人なんです。

彼が東京から故郷の弘前市にUターンしてきて驚いたのが、地元の元気のなさ。

なんとかならないものかと考え、その頃人気絶頂だった『モーニング娘。

』をまねて、アイドルで町おこしすることを思いついたのが発端。

ですが最初は、教育委員会などから怪しいとずいぶん警戒されまして……」と苦笑する。

それがいまやテレビ2本、ラジオ2本のレギュラー番組を持ち、コマーシャルにも出演。

さらには弘前市や青森県の依頼を受けて、りんごをはじめとする地元の特産品を全国にPRする役割を任されるまでになった。

地元での認知度は「ほぼ100%」(樋川さん)とのこと。

全国屈指のご当地アイドル成功事例と言えるだろう。

「りんご娘」は結成から現在までに、何度かメンバー入れ替えを行っていて、現在はとき(14歳)、金星(17歳)、 レットゴールド(22歳)の3人で構成される(今年4月にメンバー入れ替え予定)。

“農業活性化アイドルユニット”というコンセプト通り、メンバー名がりんごの品種名で統一されているのだ。

また、津軽弁でトークするため親しみやすい雰囲気で、幅広い世代から支持されている。

「追っかけのようなオタなファンはあまりいません。

おじいちゃん、おばあちゃんから子供たちまでファミリー層の人気が高いんです。

えっ、東京進出ですか? 全然そんなこと考えていませんよ」(樋川さん)。

青森県に根ざす「りんご娘」の地元愛は揺るぎない。

すっかりメジャーとなった「りんご娘」に対して、“失われた”わが町の復興を夢見て歌い・踊る中高生5人組が、福島県浪江町(なみえまち)のアイドルユニット「NYTS」だ。

福島県浪江町と聞いて、「えっ、あの浪江町!」と思った方も多いのではないだろうか。

そう、浪江町は、原発事故による放射能汚染によって、住民の多くが避難生活を余儀なくされている町。

役場は二本松市に、住民は東北や関東の各地に離散し、避難生活を送っている。

そんな悲劇の町のアイドルユニットなのである。

「NYTS」は平成21年(2009)に結成された。

浪江町名物である「なみえ焼きそば」の宣伝活動を行うため、「浪江焼麺大国」(焼きそば業者の団体)が音頭を取って結成されたアイドルユニットだった。

「N(なみえ)Y(焼きそば)T(たいこく)S(シャイン)」というのが名前の由来である。

しかし、2011年3月に起きた東日本大地震による地震、津波被害、さらには福島第一原発事故による放射能汚染によって、浪江町は前記したような住民離散という悲劇に見舞われた。

常識的にはアイドル活動どころではない状況である。

けれど、「NYTS」はくじけなかった。

結成当初から“高校生プロデューサー”としてユニットの運営に携わってきた常磐梨花さん(現在は大学生)は語る。