「阪急そば」「FREDS」が監修! 関西のサークルKサンクスでコラボ商品発売

写真拡大

阪急阪神レストランズとサークルKサンクスは5日、関西地区2府4県のサークルKとサンクスの計899店で、「阪急そば」およびベーカリーカフェ「FREDS(フレッズ)」と共同開発したオリジナル商品5アイテムを限定発売する。

同商品は、昨年に続き2度目となるコラボレーション企画商品。

「阪急そば監修 天ぷらうどん」は、駅そばの「阪急そば」監修のもと、代表メニューである天ぷらうどんをイメージしたカップ麺で、ダシは阪急そばのイメージを壊すことなく、わずかに醤油感を強めにし魚介も効かせたブレンドにより、シンプルで懐かしさを感じる味わいを再現したとのこと。

うどんはノンフライの氷結乾燥製法により繊細さと食べ応えを再現、ダシの味を損なわないよう仕上げたという。

価格は198円。

数量限定で、売り切れ次第終了となる。

「阪急そば監修 天たま丼」は、阪急そばの天玉丼をイメージ。

実際の店舗で使用されるようなサクサクとした食感の天ぷらを使用し、甘辛いダシで味つけをした玉子をあしらうことで玉子が天ぷらによく絡み、香りと食感が食欲をそそるという。

4月1日までの期間限定販売で、価格は350円。

「阪急そば監修 いなり寿司」は、砂糖、醤油、みりんなどで味付けしたいなり揚げに黒ゴマ入り酢飯を入れた関西風のいなり。

4月1日までの期間限定販売で、価格は200円。

「FREDS監修 クロワッサンダマンド」は、駅などにあるカフェ&ベーカリー「FREDS」と共同企画したオリジナルの菓子パン。

デニッシュ生地にマカロン生地をかぶせて焼き上げ、仕上げにアーモンドをトッピングした。

4月15日までの期間限定販売で、価格は126円。

「FREDS監修 十勝産牛乳ホイップデニッシュ」は、香ばしく焼き上げたメロンパンに、口どけの良い十勝産牛乳を使用したホイップクリームを入れた。

4月15日までの期間限定販売で、価格は126円。

販売店舗は、阪急そば監修のカップ麺「天ぷらうどん」が関西地区のサークルKとサンクス、阪急そば、アズナスおよびアズナスエクスプレス(一部店舗を除く)、ラガールショップ梅田エリア(一部店舗を除く)。

阪急そば監修「天たま丼」「いなり寿司」が関西地区のサークルKとサンクス。

FREDS監修「クロワッサンダマンド」「十勝産牛乳ホイップデニッシュ」が関西地区のサークルKとサンクス、アズナスおよびアズナスエクスプレス(一部店舗を除く)、FREDS店舗(商品仕様・価格が異なる)。

また、「天ぷらうどん」「天たま丼」「いなり寿司」には阪急そば全店で使えるおにぎり又はいなり寿司1個無料券が、「クロワッサンダマンド」「十勝産牛乳ホイップデニッシュ」にはFREDS全店で使えるドリンク全品100円引券が、クーポンとしてそれぞれ添付される。

クーポンの有効期限は8月31日まで。