3DS「逃走中」が累計50万本突破、「戦闘中」のゲームも鋭意開発中。

写真拡大

フジテレビは3月4日、昨年7月に発売したニンテンドー3DS向けソフト「逃走中 史上最強のハンターたちからにげきれ!」(バンダイナムコゲームス)の国内出荷本数が、累計50万本を突破したと発表した。また、「逃走中」と同じくフジテレビで人気のバラエティ番組「戦闘中」のゲーム化も決定し、現在、開発が進められている。

「逃走中」は、テーマパークやショッピングセンターなどのあるエリアで限られた時間の中、ゲスト出演者である“逃走者”が、黒のサングラスと黒のスーツを着用した“ハンター”から逃げ、逃げ切れた場合のみその時間に相応した賞金を獲得できるバラエティ番組。

ゲーム版の「逃走中 史上最強のハンターたちからにげきれ!」は、そんな「逃走中」の世界観に沿って企画開発された作品で、ゲームシステムは誰もが手軽に楽しめるよう「逃走アクション」と「ミッション達成」という形式を採用した。ゲームコンセプトや、ゲーム進行中さまざまなルールによって増大していく恐怖感など、テレビ番組の「逃走中」そのままの雰囲気を再現している。

今回の50万本突破について、フジテレビ編成部「逃走中」企画の高瀬敦也氏は「『逃走中』は私が企画した番組の中でも、長い間放送されていることもあり思い入れが強いので、このように沢山の方にゲームで楽しんで頂けていることは素直に嬉しく感じております。とりわけ昨今のテレビ界においては、媒体を超えて幅広く利用できるコンテンツを創出することが重要であり、そういう意味でもこの結果は励みになります。『戦闘中』も懸命に考えて創った企画です。こちらも楽しんでいただければ幸いです。今後も純粋な気持ちを大切に番組制作に尽力したいと思います」とコメント。

また、バンダイナムコゲームスの伊藤麻矢プロデューサーも「『逃走中 史上最強のハンターたちからにげきれ!』が累計出荷数50万本を突破しました。本当にありがとうございます。放課後にハンターと逃走者の役に分かれて遊んでいる子どもたちも非常に多く、『逃走中』のコンテンツ力のすごさに日々驚かされています。今作はその番組のおもしろさをふんだんに盛り込んだゲームですので、ぜひ一人でも多くの方に遊んでいただければ幸いです。また、同じく大人気テレビ番組『戦闘中』のゲーム化も決定しました。こちらもたくさんの方々に楽しんでいただくべく鋭意開発中ですので、ご期待ください」と喜びのコメントを寄せている。

なお、4月14日(日)には、テレビ番組最新作となる「逃走中 新浦島太郎物語〜玉手箱と乙姫の罠〜」、4月7日(日)には「戦闘中 第三陣『激突! 忍ヶ原の乱』」が2週連続で放送されることも決定した。

それぞれの出演者は次の通り。

◎「逃走中 新浦島太郎物語〜玉手箱と乙姫の罠〜」

梅田彩佳(AKB48)、江上敬子(ニッチェ)、大川藍(アイドリング!!!)、岸本セシル、キンタロー。、小籔千豊、城田優、鈴木拓(ドランクドラゴン)、田中卓志(アンガールズ)、千秋、博多大吉(博多華丸・大吉)、博多華丸(博多華丸・大吉)、濱口優(よゐこ)、浜谷健司(ハマカーン)、ボブ・サップ、光浦靖子(オアシズ)、向井慧(パンサー)

◎「戦闘中 第三陣『激突! 忍ヶ原の乱』」

井岡一翔、梅田彩佳(AKB48)、角田信朗、春日俊彰(オードリー)、狩野英孝、菊地亜美(アイドリング!!!)、木下隆行(TKO)、児嶋一哉(アンジャッシュ)、斉藤慎二(ジャングルポケット)、しずちゃん(南海キャンディーズ)、篠崎愛、高橋みゆき、中尾明慶、中村アン、菜々緒、ボブ・サップ、槙原寛己、吉沢亮、吉村崇(平成ノブシコブシ)