道頓堀で大阪名物を食す旅

写真拡大

大阪観光の目玉といえば、やはり『食』。

特に道頓堀は「くいだおれ太郎」の人形があったことでも有名で、周辺にはグリコの看板、かに道楽など、テレビ番組などでも度々取り上げられる特徴的な看板が印象的な、活気あふれる地域でもあります。

そこで今回は、たくさんの飲食店が立ち並んでいる道頓堀を旅行するなら、絶対に食べておきたい食や、立ち寄っておきたい名所をいくつかご紹介します。

■王道たこ焼きのオススメはココ!大阪の食といえば、たこ焼きを連想する人も多いはず。

たこ焼き屋で絶対に行っておきたいのが「本家大たこ」。

とにかく連日大人気ですが、道頓堀のお店は夜遅くまでやっているため、比較的すいている時間を選ぶと早くゲットできます。

「道頓堀くくる本店」は個性あふれるメニューが楽しく、ちょっと違ったたこ焼きが楽しめるのもうれしいところ。

・大阪道頓堀 本家大たこ公式ホームページ・くくる道頓堀本店ホームページさすがにレベルの高い道頓堀のたこ焼き屋とお好み焼き屋は、基本どれも外れなしなので、いろいろな店を食べ比べてみるのも良いでしょう。

■夜はふぐでぜいたくに!かわいらしいふぐの形をした看板が特徴的のふぐ料理店「づぼらや」。

ふぐのおいしさをいろいろな料理で味わうことができます。

お値段もリーズナブルな価格から楽しめるので、今までふぐを食べたことがない人にもオススメ。

・づぼらや てっちり・ふぐ料理■道頓堀のかにといえばココ特徴的な看板が目印の「かに道楽」。

道頓堀には本店があり、道頓堀川をのんびりと眺めながら、かに料理を楽しめます。

昼からでも楽しめるプランもあるので、ぜひ味わっておきましょう。

・かに道楽 道頓堀本店■うまくて安いの串カツは、誰もが癖になる「ソースの二度付け禁止」で有名な、串カツのお店「だるま」。

道頓堀店は大きな立体看板と巨大ディスプレーが目印です。

夜ライトアップされた看板は、かなりの迫力。

支店も多いですが、道頓堀に来たのならぜひ立ち寄って食べておきたいところ。

ソースはもちろん、衣や油にもこだわった串カツは絶品です。

・串かつだるまとにかくどこに入ってもおいしい料理が楽しめる道頓堀の飲食店。

ぜひ旅行の際はおもいっきりおなかを減らして現地に行き、道頓堀名物の食を堪能してみてください。