古橋監督、出撃シーンは「逆シャアのサザビーのオマージュ」『機動戦士ガンダムUC ep.6』初日

写真拡大

全国16館で3月2日よりイベント上映がスタートしたアニメ『機動戦士ガンダムUC episode 6 宇宙と地球と』の初日舞台あいさつが同日、東京・新宿ピカデリーにて行われた。

初上映を終えたスクリーンの前に現れたのは、古橋一浩監督、ストーリー担当の福井晴敏、バナージ・リンクス役の内山昂輝、リディ・マーセナス役の浪川大輔、ミネバ・ザビ役の藤村歩、アンジェロ・ザウパー役の柿原徹也の6名。

すでに5回目、定番の進行役となった浪川の進行であいさつとトークがスタートした。

まずは浪川が、2012年で最も売れたBD/DVDに『ガンダムUC』が輝いたことを報告。

場内が大きな拍手に包まれる。

そこから内山に、今回のバナージについて話を振り、「今回ちょっとバナージが色気づいたんじゃないか」と斬り込むと内山も「そうですね、スイーツで釣るという」と切り返す。

さらに「内山君もそういう風に釣る?」と攻め込まれ、「困る」という初っ端からおかしな出だしに場内も笑ってしまう。

そして今回お目見えとなった「フルアーマーユニコーンガンダム」に話が及ぶと、古橋監督は出撃シーンを「逆襲のシャアでのサザビーのオマージュなんですよ」と語る。

装備を含めると大きすぎて艦内で整備できないので、このように描かれたという。

続いて今回見せ場満載のミネバを演じた藤村に、浪川は「今回カッコ良かったですね! フロンタルさんに対するあの態度」と言い、思わず藤村が「すみません」と謝る一幕も。

ミネバの方が立場は上なのだが……。

また、藤村は今回はセリフが多いだけでなく、これまで表に出すことの少なかったミネバ本人の気持ちで喋る部分が多く、フロンタルのシーンは、何度も録り直したという苦労を打ち明ける。

さらに浪川、藤村ともにオットー艦長がカッコ良かったといい、内山いわく「オットー艦長も成長したんだなと」今回の見どころとしてあげていた。

そして今回、ミネバと同じく見せ場の多いアンジェロを演じた柿原は、「今回は(ローゼン・ズールで)出撃させてもらえるということで、どうやって活躍させようかと台本を読みながら頭がいっぱいだった」と、強い思い入れを語る。

また、アンジェロのかっこいい場面だけでなく「慌てる場面もあって、そういう一面も見せられてよかった」と言うと福井が「(収録時に)俺たちは、あれブースの向こう側でゲラゲラ笑いながら見てた」と暴露。

柿原も「(収録時は福井たちが)笑ってんのよ! いつも! 必ず」と言い返すと、浪川は「大丈夫、僕も結構近いものがあるから」と、負け組(福井談)同士息の合ったトークを展開する。

浪川は、自身が演じたリディについて「どうですかこの変わりよう?」と変貌ぶりを主張するだけでなく、(ep.5で)ミネバに言われた「あなたのことは忘れない」というセリフが「まぶたを閉じると思い出しますよ」とそのショックの大きさを語る。

そこに拍車をかけるように福井は「(ep.5で)落ちたのはミネバだったけど堕ちたのはリディ」とうまいこと言って会場の大爆笑を誘った。

今回の大きな見どころは、ネェル・アーガマ改の艦内で展開するさまざまな人間の心情と会話で、内山は「フロンタルさんに迫られちゃったりして、楽しかったですね」と言うとすかさずアンジェロ役として柿原が「きーっ!!」とやきもち。

そして、それらを打ち砕いたミネバ、と浪川が藤村に振ると、藤村は「強くないといけないのでお姫様は。

振る時は振るし!」と浪川にしっかりダメージを与える。

話は最終話となるep.7への展望へと進み、来年春公開予定となる日程だけでなく、これまでは1時間、AパートBパートとして製作してきたが、ep.7にはコンテの段階でCパートがあると福井が明かす。