タチカワ 「第14回ブラインドカラーコンテスト」表彰式開催

写真拡大

立川ブラインド工業(株)では、3月3日(日)に銀座ショールーム内「タチカワブラインド銀座スペース オッテ」にて、「第14回ブラインドカラーコーディネートコンテスト」の表彰式を開催、先般発表されたグランプリ、準グランプリ、入賞、学校賞を獲得した受賞者が出席し表彰を受けた。

今回のコンテストでは、恒例の「イメージ部門」のほか、3回目となる「空間コーディネート部門」の2部門で行われ、いずれも「夢」をテーマに作品を募集、応募総数1456点(「空間コーディネート部門」85点、「イメージ部門」1371点)の中から、入賞作品12作品が選ばれている。既報の通り、「イメージ部門」グランプリは、酒井和佳子さん(東京都)の「木のあるところ」が受賞、「空間コーディネート部門」ではグランプリ該当作品がなく、来生亜子さん(北海道)の「Interest〜image art gallery」と櫻間七海さん(愛知県)「Transformation 変身する家」の2作品が準グランプリを受賞している。また、「イメージ部門」学校賞のグランプリは、日本工学院専門学校が選出されている。
「イメージ部門」グランプリを獲得した酒井和佳子さんは、夢であり憧れだった仕事「庭師」になって2年、その庭のイメージを、グリーンや土、あるいは影などをナチュラルなカラーで見事に表現、表彰式では「庭師としての仕事に対する思いを作品に込めました」と挨拶した。一方、「イメージ部門」学校賞のグランプリに輝いた日本工学院専門学校は、2009年の初チャレンジから4年目での快挙となった。また今回グランプリ作品がなかった「空間コーディネート部門」については、空間イメージだけでなく、主役となるブラインドのカラー展開への工夫が必要という課題が示された。

なお入賞作品は「第14回 ブラインド カラーコーディネートコンテスト」受賞作品展として、3月12日(火)〜31日(日)の期間、タチカワブラインド銀座スペース オッテ(中央区銀座8丁目/入場無料)にて展示される。■入賞者一覧(敬称略)
<空間コーディネート部門>
グランプリ=該当者なし▽準グランプリ=来生亜子/櫻間七海▽入賞=後藤若葉/福嶋克哉/山崎義樹/吉澤高徳/和田浩平太
<イメージ部門>
グランプリ=酒井和佳子▽準グランプリ=柘植匠美▽入賞=庄司美咲/橋本拓也/和田雄紀
<イメージ部門 学校賞>
グランプリ=日本工学院専門学校