解雇されたことを伝えるときの「I was fired.」【うっかり使うとアブナイ英語】

写真拡大

【解雇されたことを伝えるときのアブナイ英語】I was fired.【こんな風に聞こえるかも】まずいことやって、首になっちゃったんだよね。

【ネイティブが使う英語】I was let go.fired は、解雇された側に落ち度があったことを示唆します。

北米では、日本で言う「リストラ」は日常茶飯事ですので、とくに理由がなくとも解雇されることがよくありますが、その場合適切なのはlet go です。

新しい仕事の面接などでI was fired.と言わないようにしましょう。

また、He was fired.などと第三者について言うときは名誉既存にもなりかねないので注意が必要です。