同棲したカップルは別れる確率が高いというのは本当だった!?

写真拡大

「一緒に暮らそうよ」
つきあって5年目の彼が、何気なくいった一言。アラフォーの私はすっごくウレシかったんだけど、一緒に暮らすといっても、どうも同棲のことらしい......。そういえば、お局のYさんが「同棲したカップルって結局結婚に至らず、別れる確率が高いのよね〜」なんて話していた。う〜ん、本当のところはどうなんだろう。
恋人と同棲するか否か、迷ってしまう人も多いですよね。結婚前の同棲について、10代後半から30代前半の社会人に意見を聞いてみました。

Q.あなたは結婚前に同棲することに反対ですか?賛成ですか?
賛成 64.5%
反対 35.5%

「賛成」と答えた人が6割以上と、「反対」と答えた人を上回る結果になりました。
ちなみに、学生を対象としたフレッシャーズでのアンケートでは、
賛成 75.0%
反対 25.0%

という結果に。ひと昔前は「未婚の男女が同棲なんてとんでもない!」なんて声も耳にしましたが、やはり、最近ではハードルが低くなっているのかも?

【賛成派】
相手の生活習慣や価値観がよくわかるから 91.5%
一緒に住んだほうが家賃などの生活費が安くあがるから 4.8%
その他 3.7%

【反対派】
結婚してから一緒に暮らしたいから 52.9%
相手のイヤな部分をみてしまいそうだから 24.0%
お金などが一緒になるのがイヤだから 16.4%
その他 6.7%

賛成派は、「相手の生活習慣や価値観がよくわかるから」という意見が9割以上と圧倒的。平成23年度の司法統計によると、離婚動機の第1位は、男女ともに「性格の不一致」ですから、ここは見極めておきたい重要なポイントですね。 

反対派は、「結婚してから一緒に暮らしたいから」と「けじめ」を大切にする人が半数以上。また、「相手のイヤな部分をみてしまいそう」「お金などが一緒になるのがイヤ」と、現実を突き付けられるのが嫌な人も。「恋愛は夢、結婚は現実」なのかもしれません。

Q.実際に同棲をしたことがありますか?
2年以上同棲した  3.8%
1〜2年同棲した 4.8%
1年未満同棲した 3.4%
同棲したことはない 88.0%

同棲賛成派は6割以上もいたのに、実際に「同棲したことがある」という人はわずか1割程度という結果に。ただし、同棲賛成派の大半が「相手の生活習慣や価値観がよくわかるから」という理由だったのを見ると、「同棲は結婚が前提」と考えている人も多いようです。

Q.実際に同棲してどうでしたか?
【同棲のココがイイ】
「価値観を確認できたこと。また、ずっと一緒にいられて幸せだった」(25歳/女性/東京都/社会人3年目)
「生活費を抑えられたこと」(26歳/男性/社会人3年目)
「相手と合わないとわかったこと」(26歳/女性/社会人4年目)

【同棲はココがイヤ】
「別れるタイミングを失ってしまった」(31歳/女性/社会人5年目)
「嫌なところばかりが目につくようになってしまった」(26歳 /女性/社会人3年目)
「自分の時間がまったくない」(27歳/男性/社会人5年目)

女性は良かったことも嫌だったことも、相手との「相性」に関することを挙げる傾向にありましたが、男性は生活費など実質的なコメントを出す人が多く、より現実的でした。

Q.気になる同棲の行く末は?
結婚した 28.6%
現在も同棲中 34.3%
別れてしまった 37.1%

残念ながら別れてしまった人が、結婚した人を10%近くも上回るという結果になり、やはり、「同棲すると別れる確率が高い」という説は信憑性があるのかも。結婚生活をパラダイスにするためにも、まずは同棲してお互いに慣れておくか、それとも結婚後の楽しみにとっておくか、二人でゆっくり相談してみては?

文●田中佑子(エフスタイル)

調査期間:2013/2/5〜2013/2/20
アンケート対象:マイナビニュース会員、フレッシャーズマイナビスチューデント会員

集計対象件数:293件、148件 (ウェブログイン式)