火力の弱いコンロでも誰でも手軽にパラパラチャーハンが作れる方法

写真拡大

一人暮らしの男メシと言えばチャーハン。しかし、家のコンロは中華料理店の厨房のような火力が出せないものです。店で出てくるようなパラパラチャーハンが食べたいけど、手軽に家で作れる方法はないのでしょうか? 誰か、教えて!

今回のちょいたつ(ちょい達人の略)は、都内の中華料理店で働く男性。店ではもちろん、自宅でもチャーハンを作ることが多いという彼に、お家でできる上手なパラパラチャーハンの作り方を教えてもらいました。

■パラパラにするコツは「ご飯の水分を飛ばすこと」
「パラパラチャーハンを作るコツは、ご飯の水分を飛ばすこと。しかし、火力の弱い自宅用コンロでは、なかなか店で出てくるような食感にするのは難しいです。そこで、事前にご飯に細工を施します。
【チャーハン用ご飯の作り方】
1.冷凍庫でご飯を冷凍します
2.冷凍したご飯を取り出し、自然解凍します
3.ラップをかけずに電子レンジで軽く温めれば、チャーハン用ご飯の出来上がりです」

注意したいのはラップをかけないということ。ご飯にラップをかけてチンすると、茶碗の中に湯気がこもってご飯がしっとりしてしまうそうです。

■卵とマヨネーズを混ぜると水分が飛びやすい!?
火力の弱いコンロの場合は、ご飯をたまごかけご飯にするのも一つの手です。ご飯を卵でコーティングすることにより、水分を弾きやすくなり、さらにパラパラ感がアップします。
【卵混ぜチャーハン用ご飯の作り方】
1.チャーハン用ご飯に卵を割り入れて混ぜます
2.塩コショウなどの調味料を加えます
3.マヨネーズを少しだけ加えて軽く混ぜれば、卵混ぜチャーハン用ご飯の完成です
マヨネーズは隠し味にもなる上、酢や油が含まれているため、パラパラ感がアップします」

これなら卵を炒める手間も省けそう! 隠し味のマヨネーズもいい味を出してくれそうです。

■水分のある具に注意!
「チャーハンを作る際の具にも注意しましょう。水分を多く含む具の場合、水分がご飯に移ってしまい、ベチャッとした仕上がりになってしまうことも。火力の弱いコンロの場合の具は、ハムやソーセージ、卵などの具が好ましいですね。レタスチャーハンにしたい場合は、レタスの水気をしっかり切り、チャーハンとは別のフライパンで炒め、最後に合わせるといいと思います」

水気のある具を一緒に炒めてしまうことで、せっかくのチャーハン用ご飯が台無しになってしまうことも。野菜を入れるときなどには特に注意したいですね。

一人暮らしでは自炊することがときに面倒に思えてしまうもの。しかし、手間暇かけて自分で作ったご飯だと、おいしさは格別なはずです。自炊を頑張ろうと考えている方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

(山本莉会/プレスラボ)