自力で衛星の打ち上げに成功した国ってどれくらいあるの?



昨年末、北朝鮮が「ロケットの打ち上げに成功し、自国の衛星を軌道上に投入した」と発表しました。一部では「北朝鮮がロケット開発国の仲間入り!?」なんて注目されましたが、こうした自国でロケットを開発し、衛星の打ち上げに成功した国というのはどんな国があるのでしょうか? いわゆる「ロケット開発国」たちを紹介します。



●ロシア連邦(旧ソビエト連邦)

世界で初めて人工衛星の打ち上げに成功したのは現在のロシア連邦の前身であるソビエト連邦です。1957年の10月に『スプートニク1号』という人工衛星を載せたロケットを打ち上げました。11月には犬を乗せた『スプートニク2号』を打ち上げ、当時宇宙開発でも対立していたアメリカに技術力の高さを見せつけました。



●アメリカ合衆国

アメリカはソビエト連邦に遅れはとりましたが、1958年の1月に『エクスプローラー1号』という人工衛星を載せた『ジュノーI型』の打ち上げに成功しました。その後も、有人宇宙飛行などでもソビエト連邦にリードされ続けましたが、1969年の7月に人類初の月面着陸に成功。宇宙開発競争で初めてリードしました。その後は常に宇宙開発の先駆者となっています。



●フランス

フランスも早い段階でのロケット打ち上げに成功した国です。1965年の11月にフランスにおける最初の人工衛星『アステリックス』を打ち上げました。フランスの宇宙開発力は、現在のヨーロッパの宇宙開発技術の発展に大きく貢献しました。



●日本

日本は1970年2月11日に人工衛星『おおすみ』の打ち上げに成功しました。この時打ち上げに使われた『ラムダロケット』は現在のJAXA宇宙科学研究所である東京大学宇宙航空研究所と、日産自動車が共同で開発したものです。自動車メーカーである日産は、ロケットの開発にも貢献していたのですね。



●中国

中国も1970年の4月に『長征1号』というロケットを使って人工衛星『東方紅1号』の打ち上げに成功しています。中国はそれから30年以上が経過した2003年に、『神舟5号』を打ち上げ、世界で3番目に単独の有人宇宙飛行に成功した国となりました。



●イギリス

意外と知られていないのがイギリスのロケット開発。イギリスは1971年の10月に、人工衛星『プロスペロ』の打ち上げに成功しています。現在のところ、イギリスではこのプロスペロが唯一成功した人工衛星となっています。



●インド

インドもロケット開発国です。1980年に人工衛星『ロヒニ1号』の打ち上げに成功しました。その後、インドは100回以上もロケットの打ち上げに成功し、現在では毎年1,000億円以上の費用を宇宙開発に投じている一大ロケット大国です。



●イスラエル

中東の国イスラエルもロケットの開発、打ち上げに成功した国です。1988年に『オフェック』という衛星の打ち上げに成功しました。その後も、いくつもの衛星の打ち上げを行っています。



●イラン

イランは2008年に、自国で開発したロケット『サフィール』の空荷での打ち上げに成功。2009年には初の国産人工衛星『オミード』を載せた状態での打ち上げに成功しました。





ここに北朝鮮、また先日打ち上げに成功した韓国も加わります。今後、どんな国が加わるのでしょうか?



(貫井康徳@dcp)