セブン-イレブンが”四国初出店”! セブン銀行ATMも早速活躍!!

写真拡大

セブン-イレブン・ジャパンは1日、四国地方に初出店し、香川県内に8店舗、徳島県内に6店舗、合計14店舗のセブン-イレブンを同時にオープンした。

本レポートではこのうち、香川県の高松市にオープンしたセブン-イレブン高松屋島西店の開店の模様と、同時にサービスを開始したセブン銀行ATMの活躍ぶりをレポートしたい。

セブン-イレブン・ジャパンは、1974年に1号店(豊洲店:東京都江東区)を開店。

その後、高密度多店舗出店方式により、製造・物流の両インフラ拠点内における出店を積極的に推進してきた。

今回、兵庫県・岡山県の製造・物流の既存インフラを活用することで、四国地方で初となる香川県、徳島県への出店となった。

2月28日にセブン-イレブンの国内店舗数は15,000店を突破、今回の香川・徳島両県への出店により、出店エリアは42都道府県となった。

また、愛媛県へは2014年度、高知県については2016年度の出店開始を予定している。

四国地方で初出店をした香川、徳島の両県では、それぞれの県で開店セレモニーを実施。

香川県では、セブン-イレブン高松屋島西店とセブン-イレブン高松丸亀町店、徳島県ではセブン-イレブン徳島助任橋店でセレモニーが実施された。

このうち、筆者は、香川県のセブン-イレブン高松屋島西店を取材。

セレモニーが午前6時50分ごろから行われるとあって、現地には午前6時に到着。

すでに多くのマスメディアやセブン-イレブン・ジャパンの関係者が集まっていた。

店内では、従業員の方々が慌しく開店の準備を進めていた。

そんな中、同店のオーナーの青梅紘明氏は、開店にあたって、「セブン-イレブンは一流メーカーとタイアップした『セブンプレミアム』など、商品が充実していて間違いがない。

セブン-イレブンとしてのこだわりのある商品を提供し、近くて便利、お客様の立場にたった店作りをしていきたい」と抱負を語ってくれた。

午前6時50分からのセレモニーでは、青梅氏をはじめ、7人の方々がテープカットを行った。

テープカットに先立ち、セブン-イレブン・ジャパンの取締役執行役員副社長の古屋一樹氏があいさつ。

「今回の香川県で8店舗、徳島県で6店舗の出店は、本当に待望の第一歩。

全社をあげて、いい店にしていきたい。

1日3回、フレッシュな商品をお届けするのをはじめ、セブン銀行のATMに代表されるあらゆるサービスをスタッフらと提供していきたい。

1店1店、距離だけではなく心理的にも近くて、さらに便利な、質の高い商品を提供することで、近隣の皆様の一人ひとりに愛される店を作っていきたい」と述べた。

テープカットの後は、午前7時のオープンと同時にお客さんたちが一斉に入店。

中には、開店を心待ちにしていたという女子高生の4人もいて、そのうちの一人は、「ずっと開店を楽しみにしていたので、学校に行く前に、いつもは違うルートで通う友達と待ち合わせして来ました。

いちごサンドなどを買いました」と笑顔で話してくれた。

また、セブン-イレブン・ジャパンの古屋副社長が言っていたように、セブン-イレブンの大きな特徴の一つが、設置されているセブン銀行のATM。

開店まもなくから多くの利用者が訪れた。

まず利用していたのは、香川県に住む40代の会社員。

「住信SBIネット銀行など、ネット銀行をメーンで使っているので、24時間365日いつでも使えるセブン銀行ATMが来るのを大変楽しみにしていた。

それだけでなく、セブン-イレブンが来ると聞いた時点で、セブン銀行の口座も作りました」と話してくれた。

次に訪れたのは、茨城県から来たという20代の学生3人。

3日前から愛媛、高知、香川を旅行しているといい、この日は旅行の最終日。