業界トップクラスの高効率を達成!(写真は、「LDA5D‐H‐E17/S(昼光色)」)

写真拡大

日立アプライアンスは、ダウンライトなどに使用されるミニクリプトン電球(小形白熱電球)とほぼ同じのコンパクトサイズで、業界トップクラスとなる1ワットあたり111.1ルーメン(lm/W)の高効率を実現した「LED電球(E17口金 小形電球形)下方配光タイプLDA5D‐H‐E17/S(昼光色)」を、2013年3月1日に発売した。

断熱材施工器具や密閉形器具にも対応

従来のミニクリプトン電球(小形白熱電球)を用いるダウンライトなどの照明器具では、これまでの電球の寸法や形状にあわせた製品が広く普及しているので、代替光源として期待されているE17口金のLED電球においても同等のサイズを望む声が寄せられていた。

放熱構造の形状と大きさの最適化によって、ミニクリプトン電球とほぼ同等の寸法と形状を実現するとともに、ネック部がくびれたフォルムも再現したほか、放熱構造を改良して消費電力5.4Wで、小形電球50W形相当の明るさとなる600lmを実現。エネルギー消費効率は業界トップクラスとなる111.1lm/Wを達成した。

LEDモジュールから出る熱を効果的に逃がす「スリット構造ボディ」などを採用することで、断熱材施工器具や密閉形器具にも対応した。

また、同サイズで小形電球40W形相当の明るさとなる440lmを実現した「LDA5L‐H‐E17/S(電球色)」も、同日発売する。

いずれも、オープン価格。