若手お笑い芸人に聞く 先輩に可愛がられるコツ

写真拡大

生きていく中で、人生の先輩や上司との付き合いは必要不可欠。さらに、可愛がってもらうことで、今まで知らなかったことを知れたり、経験できたりすることもあります。自分の可能性を広げてくれる目上の人との交流ですが、どうすればうまくいくのでしょうか? 誰か教えて!

今回のちょいたつ(ちょい達人の略)は、某大手芸能事務所に所属する若手お笑い芸人の男性。トリオで芸人活動を開始し、現在4年目。金銭的にも厳しい若手芸人は、ご飯をおごってもらったり、合コンに連れて行ってもらったりなど、先輩に可愛がられながら過ごすことが多いそう。というわけで今回は匿名であることを条件に、先輩に気持よくお世話になっちゃうコツを聞きました。

■誘いたい後輩の条件は「恐縮しすぎないこと」
−先輩に可愛がられるために実践していることを教えてください。
「たとえば、飲み会に参加したときに大切にしていることは3つ。
1. 食事や飲み物の遠慮はしない
2. 先輩の話はしっかりと聞く
3. 自分自身も楽しむ
これらを徹底しています。また、もともと酒好きなのですが、普段からしつこくない程度に酒好きをアピールしたら、ご飯や飲み会に連れて行ってもらう機会も増えました」

お酒が苦手な人も、ラーメンやB級グルメなど、自分が好きな食べ物を公言しておくことで、誘ってもらいやすくなりそう。

■合コンでのマナーは「ポジションの把握」
「注文や雑用にはもちろん気をきかせますが、何よりも自分のポジションを把握することが大切。僕の場合は、盛り上げ役に徹しています。盛り上げるコツは、単に騒ぐだけではなく、みんなが聞きたい話を提供すること。たとえば恋愛関係の話の場合、幸せ話ではなく、失敗談を話すと、聞きたいと思ってもらいやすい。これは滑らない話題の一つです」

「人の幸せな話より、不幸話の方が面白い」というのは、誰の心にもある本心なのかもしれませんね。

■意見は正直に言うこと
「仕事の話になったときは、自分の意見をはっきり言うこと。ただ先輩の話に同調して頷いて聞いているだけでは『自分を持っていないつまらない男』だと思われてしまいます。仕事に熱意を持っているかも見られるので、いざというときに自分の意見を述べられるかは重要です」

自分に後輩ができたとき、ただ同調されるだけでは退屈ですもんね。先輩にとって耳が痛い話でも、正直に話してくれる後輩は信頼できるかも。

■ひと言アドバイス
「自分が本当に尊敬している先輩や、ついて行きたい先輩には、それを全面的に出して距離を近付けてもいいと思います。自分に対して尊敬の念を抱いている後輩を嫌う先輩はいませんからね。自分が先輩になったとき、されてうれしいことをやることが一番だと思いますよ」

先輩相手となるとちょっと身構えてしまいますが、決して媚を売る訳ではなく、自分自身の先輩に対する素直な想いを表現すればいいようです。仲良くなりたい先輩がいるという人は、是非実践してみてくださいね!

(橋本範子+プレスラボ)