<HSBC女子チャンピオンズ 3日目◇2日◇セントーサGC(6,600ヤード・パー72)>
 シンガポールにあるセントーサGCを舞台に開催中の「HSBCチャンピオンズ」の3日目。前半をパープレーで折り返した有村智恵は、後半もパーを積み重ねていく。そして迎えた18番パー5、サードショットを約2メートルにつけ、この日最後のバーディトライ。しかし無情にもボールはカップのワキを抜け、最後もパー。結局有村は18ホール全てをパーとし、トータル3アンダー暫定22位タイでホールアウトしている。
 その他の日本勢は宮里美香が13番終了時点でトータル5オーバー51位、上田桃子が16番終了時点でトータル6オーバー52位タイとなっている。
 現在トップに立っているのはチェ・ナヨン(韓国)。1打差の2位には前日トップのステイシー・ルイス(米国)、さらに1打差の3位にはポーラ・クリーマー(米国)がつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
最新のギア情報と試打レポートはこちらから
有村智恵の全ショットを振り返る