ワインのブラインド・テイスティングの話




銘柄を伏せたワインを口に含み味わって、その銘柄を当てる。あるいは味を評価する。ブラインド・テイスティングといいますが、これはどれほど当たるものなのでしょうか。漫画やドラマには「年」までピタリと当てる「神のような舌」を持つ人物が登場します。本当にそんなに当たるものなんでしょうか。





筆者などは疑い深い懐疑的な人間ですので「そんなもの分かるもんか」などと思うわけですが。「おいしいワイン」なら確実に分かるのでしょうか。



■阿鼻(あび)叫喚の1976年「パリ決戦」!



ワイン好きの間では有名な話ですが、かつてフランス産ワインとカリフォルニア産ワインがブラインド・テイスティングで激突したことがありました。



当時はアメリカ独立200周年。その記念イベントとして「最近なかなか頑張ってるらしいカリフォルニアワインというのを味見してあげようじゃないか」みたいな趣旨だったのです(ちょっとうがち過ぎかも)。



●赤白10本を、カリフォルニアワイン、フランスワインから出して、審査員にブラインド・テイスティングさせる。その上で20点法で評価させる。



●カリフォルニアワインは赤白とも6本ずつ。フランスワインは4本ずつ。



●ブドウの品種をそろえる。赤はカベルネ・ソーヴィニヨン。白はシャルドネ。



審査員がまた権威のある人ばかりでした。著名レストランのオーナー、ワイン雑誌の編集長、著名ワイナリーのオーナーなど9人。錚々(そうそう)たるメンバーです。



なにせ、あの有名レストラン『タイユヴァン』のオーナー、AOC(アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ)の統括検査員まで含まれていたのです。



傑作なのは、このイベントのパブリシティーをフランスの有力マスコミが拒否したことです。つまり「圧勝に決まっているので取材するようなニュースバリューはない」ってわけです。



そして……!



結果は赤白ともカリフォルニアワインの圧勝だったのです!!



赤ワイン

第1位 (米)スタッグス・リープ・ワインセラーズ1973

第2位 (仏)シャトー・ムートン・ロートシルト1970

第3位 (仏)シャトー・オー・ブリオン1970

第4位 (米)シャトー・モンローズ1970

第5位 (米)リッジ・モンテベッロ1971



白ワイン部門

第1位 (米)シャトー・モンテリーナ1973

第2位 (仏)ムルソー・シャルム1973/ドメーヌ・ルーロ

第3位 (米)シャローン1973

第4位 (米)スプリング・マウンテン1973

第5位 (仏)ボーヌ・クロ・デ・ムーシュ/J・ドルーアン



当時カリフォルニアワインは、フランスワインの1/4の価格で取引されるような状況でした。しかし、この結果で「権威」は木っ端みじんに打ち砕かれたのです。



審査員の中には、自分の採点表を取り返そうとする者、点数を書き変えようとする者まで出ました。その上、フランスワインがその価値を発揮するには「熟成期間」が必要だなどといい出す始末。往生際が悪いというか大爆笑です。



そこで10年後の「1986年に再戦だ!」ということになりました。



■抱腹絶倒の1986年「ニューヨーク決戦」!



結論からいえば、1986年のニューヨーク決戦でもフランスは赤っ恥をかきました。審査員はフランス人ばかり。その上、ルールもフランス人が決めた「前回と同じ銘柄の同ヴィンテージに限定。そして赤ワインのみで勝負」というもの。



フランスの赤ワインは「10年間の熟成を経ればカリフォルニアワインなどとは比べ物にならない」というわけです。



ところが結果は、米国産カリフォルニアワインのワンツーフィニッシュでした。



●リターンマッチ採点結果

第1位 (米)クロ・デュ・ヴァル1972

第2位 (米)リッジ・モンテベッロ1971

第3位 (仏)シャトー・モンローズ1970

第4位 (仏)レオヴィル・ラスカーズ1971

第5位 (仏)ムートン1970

第6位 (米)スタッグス・リープ・ワインセラーズ1973

第7位 (米)ハイツワインセラーズ・マーサズヴィンヤード1970

第8位 (米)マヤカマス1971

    (仏)オー・ブリオン



「大笑い」です。……実は2006年に30年アニバーサリーの第3回決戦があったのです。



■諦観続出の第3回大会



3回目はイギリスのロンドンとアメリカのナパバレー(カリフォルニアのワインの産地として有名)に分かれて行われました。



結論だけ書きますが、3回目も「フランス勢はガッカリ」でした。なんと赤ワインは、第1位から第5位までカリフォルニアワインが占める結果となったのです。



第1位 (米)リッジ・モンテベッロ1971

第2位 (米)スタッグス・リープ・ワインセラーズ1973

第3位 (米)ハイツワインセラーズ・マーサズヴィンヤード1970

第4位 (米)マヤカマス1971

第5位 (米)クロ・デュ・ヴァル1972



■ブラインド・テイスティングはおそろしい!



ことほどさように、ワインのブラインド・テイスティングというのは分からないものなのです。特に銘柄や権威から「素晴らしい」とされているものが本当に「おいしい」かどうかは怪しいものです。



ちなみに、目隠しをされると、赤ワインと白ワインを区別することすら難しいんだとか。カリフォルニア大学デービス校の実験では「間違える被験者が続出した」そうです。



というわけで、ワインのソムリエというのは大変な職業ではないでしょうか。ブラインド・テイスティングを迫られたらどうするのでしょうね。







(高橋モータース@dcp)