世界のエレベーターを生む、愛知県「三菱電機稲沢製作所」の全貌に迫る!

写真拡大

名古屋駅からJR東海道線に乗り、約10分のところにある「三菱電機稲沢製作所」は、世界約90カ国にエレベーター、エスカレーターを送り出している「昇降機のマザー工場」だ。

世界初・世界最高レベルの技術が集結しているという同製作所の全貌を、名古屋在住のライター菅原がお届けしたい。

JR稲沢駅から車で製作所へ向かう途中、前方にすらりとした白いタワーが。

これが話題のエレベーター試験塔「SOLAE(ソラエ)」なのか! ひときわ異彩を放っている、輝くような純白のフォルムのこの棟は、高さ173m。

通常のビルだと40階建てに相当する高さだという。

また、エレベーター試験塔としては、現在世界第3位の高さだ。

ちなみに、世界第2位は韓国の現代エレベーター(ヒュンダイエレベーター)が2009年に本社内に完成させた「現代峨山(ヒョンデアサン、日本語読み:げんだいがざん)タワー」。

そして第1位は日立製作所のエレベーター研究塔「G1TOWER」(2010年竣工)である。

到着するや、今回ガイド役を務めてくださった、三菱電機 中部広報室長の大島明さんが説明してくれた。

「エレベーターの開発実験においては、コンピューターを使ってシミュレーションを行うこともあります。

しかし、試験塔で実際にエレベーターを動かしてテストすることで、シミュレーションでは想定しきれない微細なデータまで収集できるのです」とのこと。

では、その昇降機の技術開発・製作の現場とは一体どんなものなのだろう? 早速確かめようではないか! 取材に応じてくださったのは、総務課長の増田幸之介さんと総務スタッフの皆さん。

「人を運ぶ昇降機なので、もちろん安全であることが最も重要。

加えて、近年の高層化、大型化するビルで使用するエレベーターは、様々な要望に対応できるよう進化しています」と増田さん。

分速750m(時速45km)の超高速エレベーターや、2階建て大型エレベーターが昇り降りしているというだけでも驚異的だが、万が一トラブルが起こった場合に、安全に停止させるための態勢も万全だということに拍手を送りたい。

「横浜ランドマークタワー」や「新丸の内ビルディング」などの国内建物のみならず、世界の高層ビルディングに多くの納入実績を誇る三菱電機稲沢製作所だからこそ、様々な注文に応えることができるのだろう。

しかし利用客とは、ひたすらワガママなものだ。

エレベーター開発者たちがどれほどハードな課題と闘いながら開発を進めてきたのかなど、利用する側は想像することもない。

デパートなどでエレベーターの待ち時間が長いとそれだけでイライラするが、開発者サイドは安全性や快適性に加えて、このような利用客の心理まで考慮して製品開発を進めなければならない。

そこで三菱電機稲沢製作所では、「可変速エレベーターシステム」を独自に開発。

乗車率が適度であれば、安全性を保ったまま昇降速度をアップすることができるというこのシステムの開発により、待ち時間が最大15%も減ったという。

それに加えてと増田さんは、「現代の高速エレベーターは乗り心地も大切なんです」と言う。

乗客になるべく揺れを感じさせることがないよう、日夜研究を重ねてきたのだ。

一例として、横浜ランドマークタワー(高さ296m)に設置されている三菱電機のエレベーターは極限まで振動が抑えられているらしく、エレベーターの床にまっすぐに立てた10円玉ですら倒れないという。

開発当時、「10円玉をフロアにまっすぐ立てたまま上昇していくエレベーター」との新聞広告を目にした筆者も、ホントかな?と半信半疑だったものだ。

ということもあり、今回特別にマイナビニュース読者のみなさんのためにも、そのエレベーターの昇降を実演で見せてもらった。