「チーズを使わないチーズケーキ」が炊飯器で簡単にできちゃう!

写真拡大

これまでに何度か、炊飯器でつくるチーズケーキのレシピを紹介してきた。

クリームチーズだけではなく、スライスチーズや粉チーズを使ったバージョンもあったが、今回は、ついにチーズを使わないチーズケーキ(正しくは、チーズケーキ風スイーツ)を紹介する。

チーズの代わりにヨーグルトを、さらに値の張る生クリームではなく牛乳を使っているのだが、バタークッキーを生地に混ぜ込んだことにより程よいコクが出て、さっぱりとしたチーズケーキ、といった仕上がりになった。

チーズケーキより安上がりのうれしいレシピだ。

材料(5.5合炊きの炊飯器1台分)バタークッキー 10枚(約70g) / プレーンヨーグルト 1カップ / 牛乳 100cc / 卵 2個 / 砂糖 1/2カップ / レモン汁 大さじ2 / 油 適量つくり方1.バタークッキーは細かく砕き、粉状にしておく。

2.1の中にプレーンヨーグルト、牛乳、卵、砂糖を入れてよく混ぜる。

さらにレモン汁を加え、混ぜる。

3.炊飯釜の内側に油を塗り、2を流し入れる。

これを炊飯器にセットして、炊飯ボタンを押す。

炊飯終了後、竹串などをさして抜いたときに生地が付いてこなければ完成。

ついてきたら再度炊飯ボタンを押す。

4.炊飯終了後よく冷まし、釜から抜いて皿に移す。

冷蔵庫で冷やしてどうぞ。

「クッキーを砕くときは、細かくすればするほどできあがりの美しさがアップします。

また、炊飯終了後釜から生地を抜く際は、よく冷ましてからにしましょう。

冷めないうちに抜くと、形が崩れてしまいます」(みやちゃん)。

みやちゃんフィットネスジムでスタッフをしながら、料理人としても働いています。

これらの経験をいかして、簡単でおいしいレシピをブログ「四万十住人の簡単料理ブログ! 」で紹介しています。

炊飯器について炊飯器の種類によってうまく完成しない場合があります。

炊飯器は、「マイコン」タイプと「IH」タイプがあり、炊飯器スイーツについては経験上、マイコンタイプが向いていると思います。

マイコンとIHで試作しましたが、マイコンタイプは一度の炊飯で完成(多くても2回の炊飯でOK)。

一方IHは、途中で炊飯が切れてしまい、生焼け状態。

何度も炊飯スイッチを押してようやく完成した、といった具合です。

ただ、IHの場合は、「ケーキモード」がついている機種があるので、それを活用するのも手です。

※炊飯器の機種によっては米の炊飯以外の使用を禁じているものもあるので、取扱説明書をチェックしてください。