キティちゃんグッズを集めて女子高校生の部屋風にディスプレイした「ハロー・キティの部屋」は、女の子たちに大人気。記念撮影の順番待ちも見られた【撮影/木村文】

写真拡大

朝日新聞のマニラ支局長などを経て2009年に単身カンボジアに移住、現地のフリーペーパー編集長を務めた木村文記者が、カンボジアで開催された日本の文化を紹介するイベントについてレポートします。

カンボジアでは韓流全盛だが……

 日本の文化を紹介しながら、カンボジアの人々と交流する「日本カンボジア絆フェスティバル2013」が2月21日から24日、プノンペンの日本カンボジア人材開発センター(CJCC)で開かれた。日本の援助で運営されているCJCCと、在カンボジア日本国大使館が共催した。

 昨年から始まったこの「絆フェスティバル」は、伝統芸能や芸術、武道から、社会支援事業やビジネス情報まで、日本に関するさまざまな情報を発信する30余りのイベントや展示で構成される。CJCCの担当者がフェイスブックでイベント情報などを拡散してきたが、反応が多く「今年の一番人気」とされたのが、コスプレショーだった。

 カンボジアでは、韓流ドラマやK−POPに押されがちで、日本のアニメやキャラクターは「ブーム」にまでは、なっていない。それでも「日本の今」を象徴し、世界に通用する文化の一つとして、今年の絆フェスでは、ゆるキャラのぬいぐるみやフィギュアを並べた「キャラクター大国ニッポン展」、カンボジアでも人気のハロー・キティグッズを集めた「ハロー・キティの部屋」を会場内に設営した。

 特にピンクを中心にしたキティちゃんグッズを並べた部屋は人気で、女の子たちが楽しそうにアイフォーンを使って記念写真を撮っていた。その姿に、ここがカンボジアなのか日本なのか一瞬分からなくなってしまった。

 そして、メインイベントともいえるコスプレショー。会場のホールには開演前から列ができ、予想を超える500人以上の観客で埋まった。パフォーマンスをするのは、メイド服の司会者、それにタイ人と日本人のコスプレーヤー3人。アニメソングに合わせたダンスや、歌を披露した。正直、歌や踊りはプロの域には達していなかったが、アニメからそのまま飛び出してきたような緑色の長い髪や、完璧なゴスロリ調の衣装に観客は大喜びだった。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)