マガシークが中国でEC出店加速、最大Tmallに旗艦店

写真拡大

 マガシークが、中国での事業を拡大している。グループ会社として中国のEC事業を展開する麦格詩(上海)商貿有限公司(以下、マガシーク上海)が、中国大手EC「360Buy.com」の傘下「Minitiao.com」内に日系ファッションサイト「日本館(日潮館)」を2月末にオープン。また3月6日には、中国国内最大のECサイト「Tmall(天猫商城、旧:淘宝商城)」に「マガシーク旗艦店(麦格詩旗艦店)」を開設予定で、今後も中国国内ECサイトへの出店が検討されている。

マガシーク 中国展開を拡大の画像を拡大

 マガシークは、中国の大手総合ECプラットフォーム「V+」を運営する凡客誠品北京科技有限公司(=VANCL社)と2012年6月に業務提携し、同年11月には中国向けサイト「magaseek-China(麦格詩)」を「V+」にオープン。同サイトの売上が堅調に推移していることを受けて、中国での早期事業拡大を目指し、大手ECサイトへの参入を決定したという。同社広報担当者は中国の事業展開について、「今後もEC店舗の出店を増やしていく」としている。

 新たに開設した「日本館(日潮館)」は、中国で展開されている45の日系ブランドおよび日本の「MAGASEEK」で取扱いのある30ブランド、「マガシーク旗艦店(麦格詩旗艦店)」では31の日系ブランドの展開。両サイトはブランド数と商品数ともに中国国内最大級の日系ファッションサイトになり、取り扱いブランドの順次拡大が予定されている。

■Minitiao.com日本館:http://www.magaseek.minitiao.com

■マガシーク旗艦店(麦格詩旗艦店):http://www.magaseek.tmall.com
 ※3月6日オープン