『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』HDリマスターは4巻構成 6/21より発売開始

写真拡大

2004年〜2005年にかけて放送されたTVアニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のHDリマスターが全4巻でBlu-rayボックス化され、第1巻が6月21日(金)に発売されることが決定した。

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』は、2002年〜2003年に同じくTVアニメとして放送された『機動戦士ガンダムSEED』の続編として制作され、全50話で放送。

新たな主人公シン・アスカとし、前作終盤の「第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦」から2年後の世界を描いている。

『機動戦士ガンダムSEED』シリーズは2011年で10周年を迎え、HDリマスタープロジェクトを始動。

前作のHDリマスター版は、ストーリー構成は原典に沿っているものの、一部音源のリミックス版使用や新規カットが加えられ、今回のHDリマスター同様、全4巻構成で発売された。

初回限定版には、特殊ジャケット仕様、特製収納ボックス付き、52Pの特製ブックレットが特典として封入される。

映像特典はノンテロップOPとPV、音声特典はキャスト&スタッフオーディオコメンタリーを新規収録。

また、通常版は、収納ボックス、16Pのブックレット、初回限定版と同じ映像特典、音声特典が収められる。

ジャケットイラストは平井久司によるキャラクターVer.と、重田智によるメカVer.の2点を新規描き下ろし。

価格は初回限定版が21,000円、通常版が18,900円。

なお、BOX2は9月25日、BOX3は12月25日、BOX4は2014年3月26日にそれぞれ発売される。

さらにこのHDリマスター版は、アニメ動画配信サービス「バンダイチャンネル」でも放送され、3月21日(木)より毎週金曜日23:00より無料ライブ配信がスタート。

4月7日(日)よりBS11にて毎週日曜日19:30〜、4月9日(火)よりTOKYO MXにて毎週火曜日22:29〜というスケジュールで放送がスタートする。

(C)創通・サンライズ