40代女性の更年期障害、病院受診したのは24.6% -うち65.6%の症状が改善

写真拡大

医療情報サイトを運営する総合医療メディアのQLifeは2月28日、飯田橋レディースクリニック岡野浩哉院長監修のもと、「更年期障害とその症状」に関する調査の結果を公開した。

同調査は1月9日から16日まで、全国の40歳以上の女性に対してインターネットを通じて実施し、3,888人から有効回答を得た。

同調査で、40歳以上の女性の54.7%が、3年以内に不定愁訴や”なんとなく不調”を感じていることがわかった。

症状は「肩こり、腰痛、手足の痛み」「疲れやすい」「顔がほてる」「汗をかきやすい」が多く、それぞれ半数以上が自覚している結果となった。

更年期障害の症状についての相談相手は「友人・知人」が60.0%と最も多い一方で、38.7%が「誰にも相談していない」と回答。

また、実際に病院を受診したのは患者全体の24.6%にとどまっていることがわかった。

病院受診者の過半数が婦人科を受診。

病院で受診した患者の65.6%が症状の改善を実感している。

一方、サプリメントや市販薬を服用し、病院を受診しなかった人の中で、症状の改善を実感しているのはおよそ3割にとどまっていることがわかった。

閉経に向かい急激に減少する女性ホルモン(エストロゲン)を、投薬で補充する更年期障害の根本的な治療法、HRT(ホルモン補充療法)を行った患者の8割近くが、症状の改善を実感している。

同調査の結果を受けて、更年期障害で病院受診した患者の多くは症状の改善を実感しており、加えて、受診したことをきっかけに他の大きな病気が見つかるケースもある。

同社では、症状の有無に関わらず、40代以降の女性にとって「婦人科のかかりつけ医」を持つことは必要なことだろうとしている。