小泉今日子と都会での快適ライフを考える、「Tokyoイゴコチ研究所」開設

写真拡大

野村不動産などの企業・専門機関で構成する「Tokyoイゴコチ研究所実行委員会」は、都心の居心地について一緒に考え、東京の住まいづくりに生かす「Tokyoイゴコチ研究所」を開設。

2月26日よりオフィシャルWEBサイトをオープンした。

同研究所は東京都心における居心地の良い暮らしについて考え、一般から広く意見を募り、実際の住まいに反映していくアンケートサイト。

都会で居心地良く暮らすための条件や、自宅に欲しい設備などについて、参加者の意見から1,000個の「イゴコチの良さ」を選び、これからの東京の住まいづくりに生かしていくという。

コンテンツ内で居心地の良い暮らしについての「イゴコチ・クエスチョン」に回答すると、「イゴコチ・プレゼント」に応募できる。

プレゼントには星野リゾート「界」宿泊券など、心地良い時間や体験を感じられる賞品を用意している。

また、本当に欲しい居心地について週替わりでテーマを設け、一般のイゴコチ研究所メンバー同士で意見交換できるSNSコンテンツ「イゴコチ論争」も設置(開設は3月を予定)。

さらに「あしたのイゴコチ」では、東京の今後のまちづくりとイゴコチの関係について、同研究所メンバーの有識者にインタビューを行う。

第1弾は、都市計画と防災について研究を行っている早稲田大学尾島研究室の尾島俊雄教授による、「イゴコチのいい防災都市」を公開。

研究所所長には、女優で歌手の小泉今日子さんが就任。

所員にはコラムニストのマツコ・デラックスさんとタレントの原田泰造さんを迎える。

3名はWEBサイト内の案内役として登場し、研究所で展開する様々な活動にも参加する予定。

3月4日からは、研究所メンバーが出演するTVCMも関東エリアでオンエア予定となっている。