久しぶりに会った友人への「We have to talk!」【うっかり使うとアブナイ英語】

写真拡大

【久しぶりに会った友人へのアブナイ英語】We have to talk!【こんな風に聞こえるかも】ちょっと問題があるんだけど。

【ネイティブが使う英語】We have to catch up!親しい仲で、we have to/must/have got to「〜しなきゃ!」と言うことはよくあります。

久々に友人を見かけたので、親しみを込めてWe have to talk!と言ってみましたが、これでは「話し合いをしなければならない」→「何か深刻な問題がある」という意味にとられかねません。

We have to talk.はたとえば、最近仲のギクシャクしているカップルなどがよく使う表現です。

「近況報告をする」という意味でネイティブが使うのはcatch upです。